« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

ムーシャがリストラ!?

株の曲がり屋で有名な武者陵司氏が、遂にドイツ証券から独立したそうです。

世界四季報:武者リサーチ

曲がり屋とは(私の様な)予想がよくはずれる人のことです。
対義語は当たり屋です。
突拍子も無いことを言っていても、予想が当たる人はあまり曲がり屋とは言いません。

さて、この武者陵司氏はかなり有名な曲がり屋で、日本の中級以上の個人投資家に知らぬ人はいない、と言うぐらい有名です。
ムーシャの愛称で親しまれています。

↓この人。

武者陵司

組曲の9:57~10:07まで彼のターン。
ちなみにその前に出てくるおじいちゃんが北浜先生です。
こちらも有名な曲がり屋。

毎回とんでもない予想をして殆ど必ずはずします。
曲がり屋に向かえ、当たり屋に倣え」 を体現した貴重な人材です。
そのくせ、テレビに出るたびに肩書きが上がっていく不思議な人。

最初はドイツ証券のチーフエコノミストだったと思うのですが、最後の方では副会長とかになっていました。

それがこの度独立することとなりました。
世界四季報のsu-Zさんはリストラされたのでは、と予想していますが、多分そうでしょう。
というか、今まで無事だった事の方が不思議です。

世の中よく分かりませんな。
武者リサーチの業績予想が曲がっていないことを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目的と目標の違い①

昨日のエントリーで多機能携帯について書きました。
今日携帯電話を例にして、目的と目標の違いニーズとウォンツの私流の憶え方を書かせていただきます。

さて、目的と目標の違いをネットで検索しますと以下のような言葉で書かれています。

  • 目的:何のために行動するのか
  • 目標:行動がもたらす結果をどのようなものにするか

Yahoo!知恵袋:「目的と「目標」の意味と違いについて教えてください。

う~ん、分かったような分からないような。
ニーズとウォンツの違いも同じことのようです。

私の言葉で言うならば、目的とは「○○したい!」、目標とは「目的達成に××をする」です。
人に説明する時は「ドラえもんのうた」を使って説明をします。
"こんなこといいなできたらいいなnote"で始まるあれです。

消費者の目線で見ると、「こんなこといいな」がニーズであり、「ドラえもんの道具」がウォンツです。
メーカーから見れば「『こんなこといいな』に応えるものを作ろう」が目的であり、「『ドラえもんの道具』を現実に作ろう」が目標となります。

例えば歌詞で言えば

そらをじゆうに とびたいな (←消費者のニーズ、メーカーの目的)
「ハイ!タケコプター」 (←消費者のウォンツ、メーカーの目標)

となります。

目標は目的をより具体化したものです。
ですから一つの目的に対して、複数の目標があっても構いません。

空を自由に飛びたいならば、タケコプターでなくともヘリでも飛行機でも気球でもいいわけです。
「そらをじゆうに とびたいな」という目的に、「飛行機を作ろう」と言う目標があってもいいわけです。

「飛行機を作ろう」という目標ができると、「動力はどうするのか、秒速何km必要なのか」という基本設計、詳細設計に入ります。

長くなったので続く・・・

理経済:目的と目標の違い②

どうでもいいですが、忙しい人のための「ドラえもんのうた」が100万再生を突破したそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Appleの迷走 - iPhone3Gsの不振

Apple社iPhoneの後継機「iPhone3GS」を投入してきました。
アメリカでは馬鹿売れでジョブスCEOもホクホクです。

同社CEOのSteve Jobs氏は「iPhoneは顧客から支持され,成功を収めている。『App Store』では5万以上のアプリケーションを提供しており,iPhoneの勢いはさらに増している」とコメントした。
>>「iPhone 3G S」の販売台数が3日間で100万台突破,Jobs氏が公式コメント

日本にも6月26日から使えるようになるそうですが、多分日本では売れません
今日はiPhone3GSが売れないであろう理由です。

以前、当ブログでもiPhoneの魅力について語りました。

理経済:携帯電話のスイッチングコスト

iPhoneは自分色に染めやすく、オリジナリティが出し易いです。
同人音楽や洋楽など、ニッチな音楽を着メロにできます。
また、待ち受けもJpegが使える為、殆どなんでも使用でき、加工や自作も可能です。

更に、たとえ機種がiPhone無印から3G、3GSに乗り換えたとしても、これらをリセットする必要がありません。
日本の携帯だと、自分で撮った写真以外は機種変更毎に消さねばなりません。
スイッチングコストが掛からないわけです。

問題は、これ等が3GSでなくともできることであり、3GSそのものの魅力にはつながらないと言うことです。
iPhoneが売れたとしても、iPhone3GSはそこまで売れないでしょう。

3GSに変更するに当たり、通信機能やコンパス機能を追加、強化したようです。

アップル:iPhone - 新しいiPhone 3GSの機能をすべてご紹介。

しかし単純な多機能化では、日本の発展した多機能携帯には決して勝てません
例えば、iPhoneは相変わらずQRが読めませんし、赤外線もありません。
お財布機能もないです。
メールの着メロも変えられませんし、メールの受信に1分位掛かります。

とまあ、日本の携帯より機能面では大幅に遅れています。
技術立国の面目躍如です。

しかし、アップルは世界のノキアを脅かしていますが、パナソニックは話題にすらなりません。
かつてはウォークマンという携帯音楽プレイヤーで世界を席巻したソニーも、機能的には明らかに劣っているiPodに完敗してしまいました。

無駄に多い機能よりも、ユーザーの使い勝手や"痒い所に手が届く"機能、デザイン性の方が、消費者にとってはありがたく、より売れやすいのです。

そこに来てこの3GS、日本の技術力にガチンコで勝負を仕掛けています。
Apple社のデザイン力やマーケティング力が全く生かされていません
iPhoneは是非とも欲しいと思いましたが、こちらにはぜんぜん魅力を感じません。

また、これが米国で馬鹿売れしていると言うことは、米国の消費者もある程度の多機能を望み始めたと言うことです。
日本のガラパゴス携帯を受け入れる土壌があることを、Appleは3GSによって証明してしまいました。

単純に日本の携帯を持っていっても難しいでしょうが、マーケティングを駆使して必要な機能を絞り、操作性をMSやAppleから拝借すればかなり売れると思います。

iPhoneの欠陥は主にOSで直せるものです。
携帯産業もOSビジネスを導入すれば新たなフロンティアが開けると言うのに。
googleもAndroidとかやっており、気付かないわけがないのに。

ジョブスが倒れてテンパっているんですかね。

ちなみに、3GSを買わずとも、大半の追加機能は旧iPhone3Gでも使えます。
コピペ機能や株価機能、ボイスメモはOS3.0ver.で普通使えます。

特に株価機能は、PERやニュース検索等情報面でかなり便利になりました。
こういう"痒い所に手が届く"を充実させてくれれば、魅力が増すんですがね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

好機到来 - 年金基金の農作物規制

米国の年金基金に対し、農産物投資に対して待ったがかけられる事になりました。

米商品先物取引委員会(CFTC)は24日、年金基金などによる農産物投資に対する持ち高規制を検討する方針を明らかにした。
>>米、年金基金の農産物投資に規制

これは農作物への投資の絶好のチャンスですな。

記事にも書かれている通り、去年の資源価格の背景には年金基金の存在も有りました。
年金基金として世界的に有名な、カルパースが商品投資を拡大していたのは周知の事実です。

ロイター:米カルパース、今後3年で商品投資が50億ドルに拡大する可能性

彼らの投資が手を引けば、多少なれど下落圧力がかかるでしょう。
買い増すには絶好のチャンスです。

私が老後を考えるにはまだ早いのですが、老後に飢えない為に若いうちから色々手を打っておくのは重要でしょう。

私の一日の食料が1kgとして、後60年生きるとすると凡そ22tの食べ物が必要となります。
不確かですが、人間が一生に食べる食料は50tだそうです。

言い換えれば、若いうちにこの50tを買い集めておけば、私は一生食うには困らないわけです。

たとえ原油が1000$になろうと国が破綻しようと、少なくとも「はだしのゲン」のようなひもじい思いをする事はないでしょう。
飢えて死ぬ事もありません。

現在、東京穀物商品取引所で買える「東京一般大豆先物取引」は43000円/t程度。
50tで215万円、一生分と思えば安いですね。
大豆だけだと毎日ソイジョイになりそうで、それはそれでイヤですが。

お金なんて所詮紙切れです
最近エコポイントとかやっており、1点1円で交換するそうですが、そもそもお金自体が政府の発行するポイントなわけです。
借金の多いこの国では、そのうち日本円がポイントカードのように踏倒されそうです。

私はこの機にいそいそ買っていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さい故に助かったラオックス - 蘇寧電器の進出

家電大手のラオックスが中国企業の傘下になることが確定しました。

中国の家電量販最大手、蘇寧電器集団(南京市)は24日、経営再建中の家電量販店ラオックスの第三者割当増資を引き受け、筆頭株主となると発表した。蘇寧電器は27%出資し、取締役2人を派遣。ラオックスの再建を支援する。
>>ラオックス、蘇寧電器傘下入りを発表 27%の出資受け入れ

アソビットはこけてましたから苦しかったんでしょうな。
できて1年くらいでドンキになってましたし。

半年ほど前に、米国第2位の家電量販店サーキット・シティが破綻しました。

INSIDE:サーキット・シティが破産法適用―米家電量販店2位

彼らは結局出資先が見つからず清算に追い込まれたわけです。
負債総額は2300億円、蘇寧電器の時価総額は約1000億1兆円(729.51億元)ですから、さすがにこれを買収するのは辛かったんですね。

一方のラオックスは68億円ですから、余裕です。
日本進出の足がかりにしたいんでしょうな。
彼らにとっての日本は、かつての日本にとってのアメリカなわけですし。

蘇寧電器

新浪财经_新浪网:苏宁电器

| | コメント (0) | トラックバック (1)

インサイダー大国日本

5年間で凡そ1000億円の粉飾決算をしたフタバ産業について、お上からのお裁きが下りました。

会計ニュース・コレクター(小石川経理研究所):フタバ産業、決算訂正額が拡大 減額幅500億―1000億円規模に

証券取引等監視委員会は23日、フタバ産業が有価証券報告書に虚偽の記載をしたとして、同社に約1817万円の課徴金納付を命じるよう金融庁に勧告した。
>>フタバ産業に1817万円課徴金を 証券監視委、金融庁に勧告

こ、これだけ(lll゚Д゚)
5年間にわたり、のべ1000億円もの粉飾をしていたのに、たった2000万円ですか?
IHIの時もそうでしたが、これではやった者勝ちじゃないですか。

海外でも粉飾が起こることは有りますが、大概すっぱ抜かれたりしますし、お咎めもきついようです。
一方で日本では5年間も野放しの挙句、殆ど国民に知られること無くひっそりと処理ですか。

欧米先進国だと、粉飾にせよ良いニュースにせよ、メディアにすっぱ抜かれてすぐに市場に知れ渡ります。
しかし日本の場合は、ことネガティブなニュースは何年も一般人に知れ渡らないようです。

これでは情報量の多い機関投資家などがインサイダーをやりたい放題です。
インサイダーは何所でも起こりますが、起こりやすいのは情報の透明性が低いからでしょう。

日本の市場は信用できませんな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英語版を作りました

英語版「理経済」を作ってみました。

Rikeizai

はてさてどうなることやら。

ちなみにケロロは好きではありませんが、外国人が馴染み易い様にしてみました。
なお、私は英語が苦手なので、スペルミスとかあったらツッコミお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

本質を見抜く努力を

先日、マスコミの影響力が衰えていないことを述べました。
マスコミはネットの時代に入っても、その力は全く衰えていません。

理経済:マスコミの力は衰えていない①
理経済:マスコミの力は衰えていない②

今日はそれを踏まえた上で、ネットでの情報の接し方についての持論を書かせていただきます。

さて、まずはっきりさせておきたいのは、マスコミが力を持っているから悪い、とは私は思っていないということです。
マスコミ自体が情報の送信者として大きなシェアを持っていても、それ自体は特に不味い事だとは言えません。

前に述べたとおり、現在はインターネットの力が増しテレビの力が衰えていますが、個人個人がマスコミのアンテナや末端業務を行うことで、彼らを補佐しているわけです。

彼らは高給取り(が多い)ですし、出るくいは打たれる位に目立っています。
確かに歯がゆい感じもしますが、彼らがいないと情報が滞るのは確かです。

インターネットを詳しく調べて、やれ何所其処が新製品を出したとか、海外の何所其処で揉めているとかを知るのは至難の業です。
これ等をすべて個人のブログなどで賄うならば、私はアラビア語をマスターせねばなりません。

情報を集約する存在はどうしても必要です
特にここ最近は情報が溢れていますから、マスコミの力が増しても、なんら不思議ではないのでしょう。

私が懸念しているのは、多くの国民や消費者が、彼らの与える情報を鵜呑みにし、思考停止に陥ってしまうことです。
結果として、情報を集約するマスコミの力が更に強まることにもなります。

例えば、地球環境関係は良い例です。
昔、「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」という本が有りましたが、あれが出版される随分前から、環境問題に対する懐疑論は随分出ていました。

現在では分離されてしまいましたが、Wikipediaにもかなり昔から書かれていました。
この辺は過去の履歴を見れば分かります。

Wikipedia地球温暖化の原因地球温暖化に対する懐疑論

二酸化炭素が温暖化の原因なのかも、実の所はよく分かっておらず、「検証中」というのが正解でしょう

さらに、温室効果の度合いは、二酸化炭素よりもメタンや水蒸気の方が遥かに大きいわけです。
それを考えれば屋根にソーラーパネルを付けるよりも、牛肉の消費量を減らすとか、風呂に入る回数を減らした方が良いのかもしれません。

また、ハイブリッドカー電気自動車などのエコカーがブームですが、あまりこれ等のLCA(ライフ・サイクル・アセスメント)については議論されません。
プリウスのホームページを見ても、下の注釈に小さな字で書かれているのみです。

廃棄CO2の量は綺麗なグラフでしつこく説明されているのに、最も重要なはずのLCAを説明しないと言うことは、知られたくないのでしょう。
エコカーに乗り換えるほうが環境破壊なんですね

バイオエタノールにしても、カーボンニュートラルと謳っていますが、製造工程を見る限り大量の水蒸気をばら撒いており、本当に環境に良いのかは疑問です。

結局私が言いたいことは、よくよく考え、物事の本質を見抜こうという姿勢を忘れないでほしいと言うことです。
他者から与えられる情報を頭に入れて、それで安心してしまうのは危険だと思います。

環境問題で言えば、マスコミでは「CO2を減らそう、しかしその他は大丈夫」のような情報が流れていますが、そもそも本当にCO2を減らせばそれでいいのか?そもそも原因が何であるかは関係あるのか?と言うことを考え、興味を持ったら調べて欲しいのです。

もし我々が環境を守りたいなら、すべき事はソーラーパネルの貼り付けではなく、普段の生活で貪っている「楽(→環境への負荷)」を、もう少し減らすべきだと思います。
風呂の回数を減らしたり、歩きや自転車を増やす方が、多分環境にいいです。

とまあ、このように本質本題を見抜くように努力する事を怠るべきではありません。
例えその結論が間違っていても、決して思考停止に陥ってはいけないと思います。

たまには検索ページの10ページ目から見るとか、ウィキペディア内をうろうろしてみてはいかがでしょう?
ネットの海には、そういう努力をしている人も沢山いるのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人株主の比率が増加

日本市場における、個人の株主の比率が増加しているそうです。

個人株主数(延べ人数)は前年度から227万人増えて4223万人と、 13年連続で過去最高を更新した
>>08年度日本株分布:外国人保有比率が急落、個人は20%回復

一方で外国人投資家は減っているそうです。

不安だ・・・
日本の個人投資家は全体的に投機家が多いので、彼らが買い出すと大概碌な事にならないんですよね。

勝間和代の「お金の学校」で、河口真理子氏が

日本の市場は何から始まったかというと、米相場からだったりするわけです。米などの商品というのは、ある程度の期間のところでスクエアしなければいけないわけです。
>>P259

と述べ、日本に短期とレーダーが多い理由を考察しています。
米相場の場合は秋には決済する為、多くの場合が単年度決算となります。

さすがに、彼是300年も前の気質が受け継がれているかどうかは怪しいですが、ろくろく教育を受けていない者がパチンコのような波に乗るわけです。

調子に乗ったり普段の相場の変動から気分がよくなったり悪くなったりするのはある意味当然でしょう。
不勉強の成すところです

実例として、凡そ1年前、私の母が某小売大手の株主優待が目当てで購入しました。
生まれて初めてだったそうです。

しかし、その後の暴落で大きな含み損をしてしまいました。
この為、その話に触れると結構凹んでしまいます。
本当にその会社と付き合っていくならそこまで凹む必要は無いと思うのですが。

とまあ、こんな感じで日本には短期トレーダーが多いわけです。
上がっているうちは皆で買い上げ、下がりだしたら売りに出す。
失敗したら「そのうち上がる」と自分に言い聞かせながら塩漬けにします。

何所の国でも似たようなものですが、日本のそれはちょっと激しい気がします。

日経平均は10000円を達成し、ニューヨークは非常に不安定な相場になっています。
複数の移動平均に挟まれ、出来高が沈静化しています。

Photo

相場がどちらに行くか分かりませんが、日本の個人投資家の動きがとっても気になります。

勝間和代のお金の学校―サブプライムに負けない金融リテラシー
勝間 和代
日本経済新聞出版社
2009-04-14

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスコミの力は衰えていない②

前回の続きで、マスコミの影響力についての私の見解です。

理経済:マスコミの力は衰えていない①

さて、ブロガーは得てしてアクセス数などを気にするものです。
そのため、如何に人を呼び込むかを常々考えています。

では、どうすればアクセス数を上げられるのでしょう?
細かいものは分かりませんが、一番分かりやすいのはGoogle等の検索サイトで、検索上位に位置することです。
これはアート引越しセンターの時代から変わっていません。

なお、細かい技術はこちらを御覧ください。

ネット海

検索上位に位置する為には幾つか方法が有りますが、分かりやすいのは、より早くそのネタを記事にすることです。
そうすると、その検索ワードで上位になります。
例えばこんな感じ↓

Google検索:世界経営者会議2009 (公式サイトより上に有ります)
Google検索:東方 オープンソース (殆ど誰も書いていません)

この為、より検索されやすいワードをより早く書く事が必要となります。

しかしどのようなワードが検索されやすいのでしょうか?

簡単です。
ニュースや広告、バラエティ番組などの目に触れやすいものが検索されやすいのです。
それは検索件数が急増しているものを見ればすぐ分かるでしょう。

Yahoo:急上昇ワードランキング

ですから私も含め、多くのブロガーや更には掲示板までニュースや、それをエントリーした人の記事を肴にあれこれ書くわけです。
一方でテレビやニュースで殆ど報道されないものは、ブログに書かれる事が無くなります。

本来自分達にとって重要なはずの「中国の冷凍餃子問題」や「トヨタグループのフタバ産業が粉飾決算」は、検索をしても殆ど引っかからないか、古い記事ばかりです。

特にフタバの粉飾は検索してみると5600件しかありません。
ライブドアの時よりも長い期間、かつ額も1000億円と、20倍にもなるのに、検索数は15分の1程です
如何にニュースの影響力が強いのか、よく分かります。

内容についても、日本の場合隣の人がAと言ったら自分もAと言わねばならない雰囲気が漂っていますから、後からの膨大なエントリーと他者からの叩きで、優れた意見も日の目を見ません。

金融日記:サルでも分かる構造改革入門

前回冒頭のかんぽの宿のアンケートも、ニュースでもブログでも言っているから、と言うような人も結構いるような気がします。

更に、ニュースを肴にすると他者(マスコミ)の意見が入る分書きやすいです。

ニュースものは30分で書けますが、0から捻り出すと資料やら何やらで2時間位かかります。
書くのは読むのの10倍くらいかかるわけですね。
いささか先生がのりすけを怖がる理由がよく分かりました。
まあ、その分時間が経っても来訪者がいるので、とても書き甲斐がありますが。

とまあ、このようにナンのカンの言いつつも、ネットの中身はマスコミから流されている情報に深く深く染まっています。

ニュースを取捨選択するのはyahoo等のポータルサイトなので、彼らに力の一部が移ってはいますが、消費者から見れば大した差ではありません。

加えて情報の大元は新聞社です。

新聞は誰でも発行できますが、無名の新聞はあまり信用されないでしょう。
テレビを通じて宣伝している大手が、寡占的に情報送信をするわけです。
宣伝せずとも売れるのは聖教新聞赤旗位なものです。

結局、インターネットの時代となり、どこかの経済紙では表紙が「You」になったりしましたが、その実態は大して変わっていない。
様々な心理の為、相変わらず新聞社などのマスコミは、強い力を持っているわけです。

さて、今回はこれで終わりですが、次回はこれを受けての私の考えです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

公的資金を、もう完済

米国で公的資金を受けていた銀行10行が、もう資金の完済を宣言いたしました。

米金融大手10社は17日、政府から受け入れた公的資金合計680億ドル(約6兆5000億円)の返済手続きに入ったことを一斉に発表した。大手投資銀行のゴールドマン・サックス(返済額は100億ドル)やモルガン・スタンレー(同)などは完済したことを明らかにした
>>公的資金、ゴールドマンも完済 米金融10社、6.5兆円手続き

ロイター通信:米銀大手10行が公的資金680億ドル超を返済、一部の銀行はワラント買い戻し目指す

早いですね。
公的資金が注入されてまだ8ヶ月程なのに、もう完済者が出ています。

金融危機でも儲けていたゴールドマンや、リスクを徹底的に管理していたJPモルガンは兎も角、潰れる潰れると言われていたモルスタまで完済とは。

日本の場合、03年5月にりそな銀行が約2兆円の公的資金を受け入れました。
あれから6年経ちますが、彼らはまだ返済できていません

そう考えると、アメリカは派手に転びますが、立ち上がるのも早いようです。
GDPの違いは有りますが、それでも早いです。

以前、AIGが5年で公的資金を返すと言った時、私は鼻で笑っていましたが、強ち冗談ではないのかも知れません。

理経済:どういう計算ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスコミの力は衰えていない①

鳩山(元)大臣が捨て台詞を残して去っていった今日この頃ですが、日経の統計にこんなものが有りました。
かんぽの宿についての統計です。

麻生内閣の支持率は5月の前回調査を5ポイント下回る25%となった。不支持率は65%で3ポイント上昇した。日本郵政の西川善文社長の再任問題を巡って麻生太郎首相が鳩山邦夫前総務相を更迭した判断に関しては「適切ではなかった」が56%となり、「適切だった」の24%を大きく上回った。
>> 鳩山氏更迭「適切でない」56% 世論調査、内閣支持率25%に低下

これを見ると、国民はかんぽの宿について鳩山と同じ考えのようです

以前から書いている通り、テレビ事業には中々未来がありません。

理経済:テレビの行方

しかし、どうやらマスコミ自体の力は衰えないどころか、寧ろ増しているようです。
今回はマスコミの影響力の見通しについて(なお、ここで言うマスコミは新聞社などの送信者を指します)

最近よく「テレビはもう駄目、これからはインターネットの時代」みたいな話をよく聞きます。

しかしそうは言っても、インターネットはあくまで媒体であり、中身がなければ意味がありません。
つくづく思うのは、その中身がマスコミの影響を強く受けているという事です。

インターネットの中身に多いのは、ニュースとブログ、そして掲示板やそれに類するものです。
ニュースは元々マスコミの影響を受けているので別として、ブログや掲示板までニュースを追いかけることがしばしば有ります。

自分がブログを書くようになって分かったのですが、アクセス数というものは中々伸びないものです。

皆さんが御覧になっておられるブログは、一日何千アクセスと言うものが多いと思いますが、当ブログは精々100人ちょいのこじんまりとしたブログです。

↓4ヶ月間の推移はこんな感じ。

3~6月のアクセス数

リピート率もそこまで高くありません(当たり前ですが、一番来ているのは私自身です)

リピート率

リピーターの皆様には感謝ですが、特に創設期から御世話になっている皆様には頭がありません。
御足労いただき、本当に有難う御座います

さて話を戻しますが、ブロガーという人々は、大なり小なりアクセス数やページランクを気にしていると思います。
少なくとも私は気になります、なんのかんの言いつつも。

どんなに考えこんだ事を言っても、一人相撲では萎えてしまいます(私がブログ村に加入しているのもその為です)
ある程度人が来てくれた方が張り合いがあるのは、ネットの中でも現実世界でも同じなわけです。

ではどうすればアクセス数を上げられるのでしょう?

長くなったので続く・・・

理経済:マスコミの力は衰えていない②

| | コメント (9) | トラックバック (0)

NHKオンデマンドにて

NHKオンデマンドにて、7月17日から沸騰都市プーチンのロシアが公開されるそうです。
以前仲良くなった友人からの情報です。

何でも、権利処理が完了したとか。
若干信憑性には欠けますが、とても期待。

特に「沸騰都市 ダッカ “奇跡”を呼ぶ融資」は見ものですから、是非見てみてください。

沸騰都市のそれから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

証券取引所自体にも格差が

各国の証券取引所で、時価総額ランクに動きがあったようです。

香港証券取引所ブラジルの取引所、BM&Fボベスパは、取引所自体の株式時価総額でNYSEユーロネクストナスダックOMXグループ、ロンドン証券取引所グループを初めて上回った。
>>ブラジルと香港の証取、時価総額で米英のライバル抜く-英紙FT

著名な証券取引所は、各々自身の取引所で上場されているのが普通です。

それがステータスであり、他証券取引所を買収する資金源となり得るからです。
例えば、日本で有名なのは大阪証券取引所です。

元々取引所自体の時価総額なんて大した事ないです。
とは言え、このような現象が起きたのは、世界の資本の流れに変化がある証拠でしょう。

ところで、日本の代表である東京証券取引所は上場していません。
以前西室泰三氏に会った時に、「頑張って上場する」と息巻いていたのに、なんのかんので延び延びになってしまい、最近では上場の話さえ立消えてしまった感じです。

東証の場合、システムも貧弱で、投資家保護の名の下に自分を守らねばならないくらいですから、まだその資格がないということなんですかね。

理経済:珍しくニューヨーク証取が停止

NYSE Euronext, Inc. (NYX)
特色:世界最大の証券取引所
連結売上高(2008/12/31)
47億USD
時価総額(2009/06/15)
74.4億USD
株価
28.61USD

NYSE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人の予想を残しとく

他人の予想を残しておきます。
何でも、夏には日経平均は1万2千円になるそうです。

日経平均今夏に1万2000円接近も、3つの理由-メリル日本菊地氏

どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界にちょっと出てみようかな

当ブログでも何度か述べたと思いますが、私は常々「世界を見ろ!」とか「世界に打って出ろ!」等のエントリーをしています。

しかし、よくよく考えてみれば私自身は口ばかりで特に何もしていません。
と言うわけで、有言実行して世界にちょっとだけ打って出てみようかと考えています。

即ち、英語でのブログです。
ココログだと複数のブログが持てますので、理経済英語版を上げてみようと思います。
折角インターネットと言う世界的なインフラに乗っかっているのですから、これを生かしてみようと思います。

とは言っても、私はTOIEC350点の腑抜ヤローなのですべてを英訳することは出来ません。
なので、週一回更新くらいで、その週の重要そうなことを簡略化し上げてみようと思います。

様子を見て、アクセスが少ないようなら閉鎖します。

もしかしてココログプロにしないと出来ないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簿記が通ったっぽい

本日、簿記の3級を受けてきました。
今回は第一問目が難しかったようですが、全体的に簡単だったと思います。

不況の煽りで難題が来ると思いましたが、そうでもありませんでした。
一応自己採点では90点越えてるので多分大丈夫。

なお、今回の問題の解答速報です。

TAC:第122回 日商簿記検定3・2・1級解答速報 3級PDF

次は2級かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天の採用事情

楽天が新卒採用を加速させています。

楽天は2010年春入社の新卒採用予定数を従来の計画より100人多い最大400人に増やす。09年入社の307人と同規模の300人を予定していたが、ネット通販事業の拡大に伴い増員する。
>>楽天、新卒採用を100人増員 10年春は400人に、ネット通販強化

私が研修を受けている時に、5月頭位からどやどやと大量の新人が同じ研修を受けに来ていました。
この記事を見ると09年の採用は307人だそうですから、道理でてんやわんやなわけです。

講師の方々は、何所の会社なのか秘匿義務があるため何も言いませんでしたが、本人達に聞くと「楽天ですよ」とぺらぺら答えてくれました
講師が気にするほど本人達は気にしていないようです。

さてそんな楽天ですが、一応彼らはネット系です。
研修もCやJava等のプログラム研修などがメインでした。

なのに彼らの人数がやたらと多いのは気になります。
私の同僚や他の会社でも、新卒採用は多くて30人位なのに、なぜ彼らはその10倍近い人数がいたのでしょう?

元々IT系は工業などと比べて人数が少ないです。
所謂知的労働なため、人海戦術があまり役に立ちません。

例えば各社の従業員数(08.12)は以下の通りです。
日経会社情報2009春号より

  • 楽天:             4874名
  • ヤフー:           4255名
  • 丸紅:            32146名
  • 日野自動車:  25111名
  • トヨタ自動車:324537名

おそらくこの数字には派遣やら請負やらは入っていません。
これ等を含めると、日野やトヨタはもっといるでしょう。

工業系よりは少ないですが、楽天は同業のヤフーと比べるとちょっと多めです。
ただ、それほど多い感じはありません。

楽天の大量採用に対し、私や一緒に勉強していた人の人数が少なかったのもあって、非常に違和感が有りました。
身内では「いっぱい雇っていっぱい落とす」等と囁かれていましたが、それほど可笑しくはないようです。
薬事法改正も睨んでいるようですから、その辺も有るのでしょう。

不景気で企業が萎縮していますから、ここぞとばかりに採用ということですね。

しかし、あの人数で研修は混乱しそうsweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しくニューヨーク証取が停止

ニューヨーク証券取引所がシステム障害で一時止まったそうです。

ニューヨーク証券取引所の売買システムに障害が発生している、複数の米メディアが12日報じた。
>>NY証取でシステム障害

日本の東京証券取引所は、年がら年中システム障害で止まっていますが、NYSEでは珍しいですね。

NYSEでは日本と違って単元制度が無く、どんな銘柄も一株から売買できます
そのため証券会社に1万円持っていけば、大概の銘柄は購入できます。

しかし、かつてのライブドア同様、単価が安いと売買回数やプレイヤーが増加する為、システムには強い不可がかかります。

また、ストップ高ストップ安もないため、小型銘柄や変動率の大きい金融株は一日で何%も変化します。
東証と違い途中で売買停止に出来ない為、これまた不可がかかります。

更にヘッジファンドがプログラム売買をするため、毎日大量の注文があるそうです。

NYSEは3重苦に晒されています。
しかし、ニューヨーク証券取引所が止まったと言う話はあまり聞きませんから、ずっと耐えていたのですね。

この辺り東証は見習って欲しいですね。
ストップ高や単元制度があるのは、投資家保護ではなく、東証保護の為にあるのかもしれません。

とても珍しいニュースなのでエントリーしました。

ところで今まで散々書きました、鳩山大臣が更迭されました。
ぶつぶつ言っていますが、まあその程度の人なので、特にエントリーもしません。
国民も半年すれば綺麗サッパリ忘れているでしょう。

これで静かになってくれるといいんですが、また突っかかってきそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーナスを貰ったが・・・

生まれて初めてボーナスと言うものを貰いました。
すずめの涙ですが、とっても嬉しいです。
わーいhappy01わーいわーい・・・

┐(゚~゚)┌

貰っといて言うのも何ですが、このボーナスと言うシステムもどうなんですかね
今日は格差と経済の関係の話

私の会社にも派遣やら契約社員やらがいっぱいいます。
そして、彼らは私達正社員と同じように働いています
仕事の内容も大して変わりません。

しかし、彼らの話を聞くとそもそもの基本給も安い上に、ボーナスなんてありません。
正社員と言うだけで、私は年間約6ヶ月分の追加給与を受けます。
正直聞きにくいことなのですが、自虐的な人がぺらぺら喋ってくれます。

巷ではやれボーナス商戦だとか、「何に使う?」とか色々な話が飛び交っていますが、今や3人に1人は非正規労働者なわけですから、貰えない人もかなり多いわけです。

私だけ貰ってしまっていいのか悩んでしまい、素直に喜べません。
ブログ界隈では夢と希望でいっぱいなのに。

コネタマ参加中: 夏のボーナス、何を買う? どう使う?

理経済:数は力(←グラフが分かり難いです)

周りの同僚や社内売店などでは、ボーナスに嬉々としています。
派遣の方々は「社長とご対面ツアー」などで揉めていると言うのに。

なっく:元派遣 社長に会いたいツアー
「ユニオン」と「労働ニュース」アーカイブ:派遣切り:「社長さんに会いたい」労組が責任問い訪問 【毎日新聞】

勿論、貰って嬉しくないなどと言うことはありません。
天からお札が降ってきたようなものなのでそれはありがたいです。

「それなら全額(ヽ゚д)クレ」と言われても困りますが、今の額を6割にして、その分を他の人に配ると言うのなら、まあ仕方ないかなと思えます。

株やら何やらのことを書いている人間が言うのは不思議に思えるかもしれませんが、私は格差是正を極めて重要視しています
なぜならば、格差が少ない方が経済は豊になるからです。

例えば、個人資産5兆円のビル・ゲイツが、1回1億円の超高給な夕食を取るのと、資産50万円の学生1000万人が、一杯300円の豚丼を食べるのでは、後者の方が経済効果が有ります。

お金持ちとは、自身の貯蓄を消費し切れない人々でもあるわけですから、余っているお金を消費に使わせた方が経済は拡大します。

実際には、彼らの寝ているお金が資本として世界を巡るわけですから単純には言えませんが、世界の最大効用はもっと格差の少ない所に有ると思います。

なお勘違いしないで頂きたいのですが、私は派遣システムに賛成、というか正社員制度に反対です。
小泉竹中路線には概ね賛成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分のロゴを作りたい

先日、映画「ハゲタカ」のレビュー時に、スタンレーブラザーズのロゴがかっこいいと述べました。

理経済:映画「ハゲタカ」のレビュー

これに呼応して、世界四季報のsu-Zさんが「ロゴを作ってみては?」とコメントをくれました。

調べてみると、ロゴを作るようなツールはフリーのものでも結構落ちているようです。
技術力は別として、作る道具は簡単に手に入るようです。

ブログの右側、私の似顔絵を見ていただければお分かりでしょうが、はっきり言って小学生の落書きです。
私の顔はおもろい顔でしょうが、ここまで酷くはありません。

似顔絵

とは言え、自分の画力はこの程度なのでこれ以上は無理です。
仕方がないのでこれで我慢していましたが、ロゴが自分で作れると言うのなら、挑戦してみて、この絵と入れ替えたいです。

幸い、私は角張っている感じの方が好きなので、直線ツールがあれば何とかなります。

と言うわけで自身のロゴを鋭意製作中。
イメージとしてはこんな感じ。

Photo

これは線画ですが、この線をこんな風にしたいです。

Photo_2

10分間ロゴデザイン

図の由来は、naruとrikeizaiのI,R,Aから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経平均予想、失敗ましたな

以前、日経平均に売り仕掛けをしましたが、どうやら失敗になりそうです。

理経済:日経平均を売りたい

相変わらず当期のPERはマイナス、予想も40倍程度なのですが中々上手くいきませんね。
取り合えず日経平均10000円になったら損切りします。
しかも上抜けてきた感じが有りますから、一気に上昇するかもしれません

さて、損切りするのはいいとして、次にどうするかです
バカにされるかもしれませんが私は未だに今の株価を信じ切れません。

実際、以前売った金融株は未だにその水準に達しません。
引っ張っているのは石油や鉄鋼で、金融や建設は足を引っ張っています。
もみ合いになった5月頭辺りから、特に金融株は横ばいです。

日経225比較

01317887 (業種別インデックスSF)G鉄鋼・造船・金属(黄線)
01316887 (業種別インデックスSF)F石油・非鉄関連(赤線)
0131D887 (業種別インデックスSF)M金融・保険 (黒線)
01311887 (業種別インデックスSF)A建設 (緑線)

日経平均は青線です。
資源株と金融はシーソーのような状態になっています。
金融会社は公的資金返済の為に増資をしまくっており日本までその余波が及んでいますから、期待は出来ないでしょう。

とすると資源関連ですが、こちらも私は懐疑的です。
石油はゴールドマンなどが言うとおり、それなりに上昇するでしょうがいずれ下落すると思います。
バブルは皆が調子にのっている時に起こるもので、市場が注視しているときはならないものです。

と言うわけで、取り合えず現金ですかね。
ポートフォリオの6割がたは株式なので取り合えず放置。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ村にて

地味にブログ村社会学分野で1位になりました。
12人しかいないけど。
以外に少ないんですね。

政治ブログ村 - 社会学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近学んだこと

IT系の会社に就職した関係で、最近はIT漬けです。
普通の人は絶対使わないであろうコマンドプロンプトなどを使って、バリバリやらされています。

さて、そんな中色々なIT小話を聞いています。
備忘録としてちょっと書いておきます。

確認くん
自分がどのような情報を発しているか分かります。
リンクから飛んでいただけると色々書かれたページが出てきます。
そこに水色の字で書かれているものが、貴方が発している情報です。

これを見ると、どのサーバからアクセスしているのかや、ブラウザは何なのか、酷い時には名前までばれてしまいます
知らないと大変ですな。

コマンド プロンプト
こんなの↓

コマンド プロンプト

一部消して有りますが、ここに色々書かれています。
実はかなり多機能で、本当に色々出来ます。
一部UNIXのコマンドが使えます。

起動は「スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンド プロンプト」で出来ます。
なお、初めからOSが入っているPCは消されている事もあるようです。

例えば「ipconfig /all」と入れると自身のIPアドレスや、自身のパソコンの名前(MACアドレス)、今のIPアドレスの有効期限など色々出ます。

ちなみに、DHCPサーバを使って(つまり「IPアドレスを自動的に収得する」にしている)いても、IPアドレスはある程度一意に決まるそうです。

頻繁にアクセスする人の場合、DHCPが特定のアドレスを優先的に割り当てる為、実質的に固定と同じになります。
半年くらいアクセスしないと変わることもあるそうです。

なんでも、PCをつけるとそのPCが勝手に自身のMACアドレスを送信し、受信したDHCPサーバが空いているIPを送り返すそうです。

この為、DHCPには誰からのアドレス依頼か判り、「常連」を見分けることが出来るのだそうです。

また、UNIXコマンドでもある「netstat -a」と入れると、今自分が何所にアクセスしているかが確認できます。
「ESTABLISHED」と書いてあれば通信中です。

これを見ると、ネットをしていなくとも、常時色々な所と通信しており、何所へ勝手に情報が流れているかが分かります。

他にも、DNSを介さないでアクセスする(させる)方法とかも学びました。
IT企業に就職してよかったと思えた瞬間。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月の投資リターン

09年5月分の投資成績が出ました。

為替調整無し。

5月投資リターン調整無し

為替調整有り。

5月投資リターン調整有り

こうやって見ると、ダウ平均ってあまり上がっていないんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ハゲタカ」のレビュー

映画「ハゲタカ」を見に行ってしまいました。
あまり流行りものは好きではないのですが、テレビ時代から好きだったのでついつい行ってしまいました。

公開初日な事もあって、最終の回にも拘らず補助席の人もいるぐらい盛況でした。
スパイダーマンなどのような盛況振りではありませんが、根強いファンがいると言った感じです。

全体的に若い層が多く、20代の人が多かった感じです。

映画鑑賞前にある投資セミナーを受けたのですが、その時知り合った退職した老夫妻の話だと「自分達の2,30代の頃は投資なんて考えられなかった」とか。
時代の流れで、随分金融市場も近くなったのですね。

さて内容についてですが、先日お伝えしたとおり中国系ファンドによる日本企業買収の攻防です。

理経済:ハゲタカ明日公開!

テーマとしては、「経営者と株主」「経営者の素養」「日本に必要なもの」といった感じでしょうか(ちなみに私も映画内で言っていた事と同意見です)
それに加え、「あなたは誰ですか?」と言った所です。
最後のが本題なのかもしれませんが、ちょっと情緒的でだるかったです。

ドラマ同様、シリアスな情緒的場面と場が盛り上がる金融合戦が有り、マッチしているのかいないのか悩むところがしばしば。
シリアスな場面は微妙にだるいですが、金融合戦は非常に見ものです
鮮やかな手法は見ものです。

総括としては結構面白かったです。
期待通りというところです。
最近の映画、特に洋画はつまらないので、余計に久々に見ごたえがある映画だと思いました。

ちなみにお土産。
鷲津ファンドの株券メモ帳です。
お札型メモ帳は見たことがあったのですが、株券は初めてです。
S音様にでも献上しますかW

鷲津ファンド株券メモ

映画に出てきたスタンレー・ブラザーズ(StanleyBrothers)のロゴ。

スタンレー・ブラザーズ

JPモルガン・チェースのロゴにそっくりですが、個人的にはこっちの方が好きです。

アカマ自動車のモデルは日産ですかな。

JPモルガン・チェース

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FXのレバレッジ規制についてちょっと

最近FXのレバレッジ規制についてちょろちょろ話が出ています。
しかし、私が思うにあまり意味の無いことだと思います。

理由はFXの代わりとなるCFD等が台頭し始めている事です。
たとえFXを規制しても他の代替商品に流れるだけです。

理系済:CFD取引について

また、最近は英語教育が進んでいる関係で多くの人が英語を使えます。
ないのは度胸だけです。

海外にはFX以上の金融商品がゴロゴロ有ります
しかも日本の法律で規制されることはありません。
場が開いて30分くらいは日本からのアクセスは大変ですが、それ以外はサクサク注文できます。
回線の関係でデイトレは難しいですが、レバレッジなら為替先物などFXよりも優秀な商品の売買が出来ます。

税金の問題は有りますが、日本の個人投資家も追い詰められれば海外に逃げるでしょう。
商品にいくら規制をしても大した効果は望めません。

理経済:金融規制は取引ルールにすべき

最近金融規制の話がよく出ますが、やらないのは問題ですがやりすぎると失敗すると思います。
行き過ぎた「市場万能論」が失敗したように、行き過ぎた「規制万能論」も失敗するでしょう

規制強化が金融安定をもたらすという「規制万能論」に懐疑的な見解を示した
>>「金融危機は予測不能」グリーンスパン氏、規制万能論を疑問視

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ハゲタカ明日公開!

明日は映画「ハゲタカ」が公開されます。
ドラマ版はかなり面白かったのでお勧めです。

最近の動向を反映してか、お相手は中国系ファンドです。
そういえば華僑の多いシンガポールのSWF「テマセク・ホールディングス」の資産が再び膨らみ始めたとか。
タイムリーですね。

野村ホールディングスの推定によると、世界の金融市場が回復するなか、シンガポール政府系投資会社のテマセク・ホールディングスの投資ポートフォリオは5月15日までの5カ月半で13%増加し、1430億シンガポール・ドル(約9.5兆円)に達した
>>シンガポールのテマセク:ポートフォリオは約9.5兆円に拡大-野村 

映画を初日に行くのは込んでいる為好きではないのですが、これだけは見逃せないw

なお映画の公開にあわせて、NHKオンデマンドでドラマ版「ハゲタカ」が見られるようです。

NHKオンデマンド:ハゲタカ

追記:
見てきました。

理経済:映画「ハゲタカ」のレビュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある意味政治家っぽい

鳩山大臣・・・。
先日はっきり言っていないことを指摘しましたが、まさか本当に辞任を否定するとは。

鳩山邦夫総務相は5日の閣議後の記者会見で、日本郵政の西川善文社長の続投方針が仮に政府内調整で決まった場合でも「(総務相の職を)辞任しない」と言明した。
>>鳩山総務相、西川氏続投でも「辞任しない」 日本郵政社長

政治家の言葉は重い。私は信念を曲げることはしない」はずだったのに。
閣僚の中には反対者はいないとか言ってたのにばっちりいるし、言ったことを早々に撤回するし、何なんですかね。

流行の流行り廃りが激しく、首相でさえ年替わりの国ですから下っ端の国務大臣がころころ意見を変えてもある意味自然なんですが、それにしても酷い。

政治家お得意の言い回しのようです。
こんなんばっかだから国が纏まらないんだよorz。

西川社長には以前御会いしたことが有るのですが、少々頭がボケた感はあるものの、無難に会社を経営してくれそうな人です
そこまで目くじらを立てるのは不自然だと思います。

結局、適当に目をつけてあれこれ言いたかっただけなんですかね。
鳩山兄弟は随分出来が悪いそうですし。

理経済:いい加減鳩山大臣が鬱陶しい
世界四季報:鳩山ぽっぽと西川社長の辞任問題構図

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金融機関の公募増資

最近金融機関の公募が流行っています。
今度は米保険会社のプルデンシャルファイナンスが公募だそうです。

米生命保険2位のプルデンシャル・ファイナンシャルは2日、普通株3200万株の公募価格を1株39ドルに設定したと発表した。総額12億ドル(約1147億円)を調達する見通し。
>>米プルデンシャル:3200万株の公募で12億ドル調達-1株39ドル

以前はバンクオブアメリカも公募していましたし、ゴールドマンの公募以来、金融機関はここぞとばかりに資金調達をしています

以前どなたか(確か踏み上げ太郎さん)がこうなることを懸念していましたが、予想通りの展開となっているようです。

理経済:抜け目の無い連中

Prudential Financial, Inc. (PRU)
特色:米生命保険2位
連結売上高(2008/12/31)
292.8億ドル
時価総額(2009/06/03)
173億ドル
株価
40.60ドル

Prudential Financial, Inc.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はっきり言え!

また鳩山総務大臣が日本郵政についてうだうだ言っています

「ガバナンス(企業統治)としてお辞めいただくのが当然のことだ。認可しない」と明言した。都内で記者団に語った。これに先立つ同日午前、記者団に「続投方針が決まった場合に辞任するのか」と聞かれると、「政治家の言葉は重い。私は信念を曲げることはしない。それで察してください」と述べ、続投方針が決まった場合に総務相を辞任する考えを示唆した。
>>郵政社長人事「認可せず」 総務相、西川氏続投なら辞任示唆

かんぽの宿問題は第三者委員会も「妥当」と言っていますし、自民党内部からも批判が出ています。
民営化したのに、まだ政府の持ち物とでも言うんですかね?

まあ、百歩譲って批判はいいとしても、どうもそこに信念を感じません
上述の記事を見ても、彼自身は一言も辞任するとは言っていません。
あくまで「察してください」との文言をマスコミが辞任と捉えているだけです。

信念があるのに、何故はっきり言わないのでしょう?
もし西川氏が再選しても「辞任するとは言っていない!」とでも言うつもりなんですかね。
この状況で辞めなければ批判されるだけなのに。

信念があるならもっとはっきり堂々として欲しいものです
そうでないと支持する気に全くならない。

渡辺善美さんが離党した時は、事前にはっきり「離党」すると言っていました。

ヴィジョンも無い、信念も無いではやはり政治には期待できません。
グローバル化がどうこう、格差が広がる云々も重要ですが、政治改革はどうあっても必要だと思います。

理系済:いい加減鳩山大臣が鬱陶しい
理系済:議員の個性は必要

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイブリットカーの凋落

昨日、遂にGMが破綻してしまいました
予想通りと言うべきか、予想外とは言うべきかよく分かりませんが、ともあれ潰れてしまいました。

市場の方は予想内との事で意に介さない感じでしたが、雇用のほうは工場閉鎖などでじわりじわりと減っていきそうです。
政府の方は新生GMの株を6割保有するそうですが、消極的に努めるとの事で、日本のJTのような関係になりそうです(JT株の50%は財務大臣名義です)

我々はGMを経営するつもりはない。どこに新工場を開設するか、どんな種類の新車をつくるかなど厳しい選択を迫られたときに米政府が判断を下すことはない
>>オバマ米大統領「GMを経営するつもりはない」

取り合えず、鳩山さんと郵政のような関係にならなければ、まあまあまともに機能すると思います。

GMが政府管理下に入ったことで環境対策車の開発販売競争は更に激化しそうです。
尤も、補助金を出したりしていましたので、初めから激戦区ですが。
今回はそんな環境対策車の内、ハイブリット車についての見通しです。

さて、日本のお家芸とされるハイブリットカーですが、最近は世界的な技術水準の向上で、海外勢もハイブリットカーを作り上げているようです。

ホビダス・オート:ヒュンダイ初のハイブリッド車が2009年に韓国で発売
理経済:技術の世界水準は確実に上がっている

巷では「パクり」と罵られているようですが、消費者にとってパクりか否かはあまり関係がありません。
それに、今の世の中商品が規格化されており、何か作ればほぼ必ず何かに似ています(絶望先生に有りましたね)

そこを分けるのがブランドの力なのですが、最近の日本ブランドはどんどん下がっています。
国産に拘っている日本人は兎も角、海外ではその威光も眩しく無くなっています。

先日、黒塗りのレクサスが走っていくのを見たすぐ後に、黒塗りのベンツを見ました。
どちらがパクッたのか知りませんが、エンブレムがなければどっちがどっちか分からないでしょう
今の商品の外形は、その程度の差しかないのです

ハイブリットカーについても、トヨタのプリウスに対抗したホンダのインサイトが安値で売り出されました。
それに追随してプリウスも値下げしました。

本人達が気付いているのか知りませんが、価格競争の始まりです。

ここにGMを始め、海外勢も加わり更に電気自動車やバイオ燃料車も入るわけですから、ハイブリットカーのうまみはどんどん無くなっていくでしょう。
いずれ半導体のようになり、コモディティ(≒一般的な商品)化していき、価格をどんどん切り下げる事となるでしょう。

ちょうど、高価だった携帯電話が、より高性能でより安くなっていったように、ハイブリットカーも大して珍しくなく、エコとも感じなくなるでしょう。
先行者利益を得られる時期は、そろそろ終わりそうです。

今日本の自動車業界は、ちょうどGMのピークアウトした時と同じような時期にさしかかっています
即ち、技術開発を結果として怠ってしまい、大したモデルチェンジも無く、環境に適応できずに苦しむという状況です。

ハイブリットのモデルチェンジもいいのですが、そろそろ飛行機開発とか違うことを考えてみる時期かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

世界経営者会議2009に参加する学生の為に③

最近GM問題ですっかり忘れていましたが、「日経フォーラム 世界経営者会議2009」についての、アドバイスの追記を致します。
需要が無さそうですが取り合えず備忘録として。

さて、今回は講演について。

理経済:世界経営者会議2009に参加する学生の為に
理経済:世界経営者会議2009に参加する学生の為に②

講演についてですが、時間は40分程で質問は10分程です。
しかし講演時間が全部で50分のため、講師が熱演しすぎると時間が無くなります。

一昨年は多少時間がなくても1,2個受け付けてくれましたが、去年は時間きっちりで終わらせていました。
どうやら司会進行の裁量で決まるようです。

一番最初の「質問は有りますか?」では、皆手を挙げないのでほぼ確実に質問できるようです。

また、様々な人の演説を聞いて分かったのですが、優れた演説には必ず質問が有ります
聴衆が500人近くもいるのに、全く質問されないと言うのは興味を持たれなかった証拠ですcrying

特に起業家の方に多いのですが、優れた演説には興味のなかった人をも惹きつけ、耳を傾けさせる力が有ります。
日本電産の永守重信社長や、アリババの馬雲社長などがそのような力を持っていました。

独特の調子、熱の入った答弁で不思議と惹きつけられてしまいます
喋っている内容は、ぶっちゃけ他の大企業経営者の方が理路整然で合理的なことを言っているのですが、それでも彼らの姿が目に焼きついていますし、言葉が耳から離れません。

あれこそが世に言う「カリスマ」なのでしょう。

さて、話は聞いているだけで良いのですが、問題は質問をするとき。
私も一度したことが有るのですが、質問とはいえ500人もの視線とテレビカメラの前で喋るのはかなり緊張します

この為、手を挙げる前に喋るものを多少考えておいた方が良いでしょう。
私もやった時に助詞を間違えてしまった為、非常に上から目線な質問となってしまった気がします。

された本人はもう忘れているでしょうし、何時までも気にするべきではないのでしょうが、私の中では今でもトラウマ状態です(O社長ごめんなさいOTL)

また話す時は句点で句切ってあげた方が、通訳の人が上手く訳せます
ジェイミー・ダイモンCEOの時は、マシンガントークのせいで通訳が半分位しかなされませんでした。
尤も、ウォール街の人は皆そんな感じだとか。

質問の内容は割と何でも良いようです。
講演の内容を踏襲している方が望ましいようですが、結構突拍子も無いことを聞いている人も多いです。

このパターンでは、自身の経験を踏まえた上での質問が多いようです。
なお質問のやり方は、就活の手法が役に立ちます。

恥をかかないための就活マナー:会社説明会-聞き方・質問の仕方(動画)

質問を喋った後、座るか否かは国によって違うようです。
日本の場合質問を述べた後、講演者が「お座りください」と言うので、それを聞いてから座るのがマナーだそうです。
しかし、講師が日本人とは限らないので勝手に座っても良いようです

質問内容の順番としては、ビジネスマナーにあるように、最初に簡潔にべてはいけません
最初に質問の前提条件などを言い、「それを踏まえて、○○について質問です。~は・・・」と聞いたほうが良いです。

と言うのも、講師は頭がいいので、最初に質問を述べるとすぐに答えようとしてしまい、話がバッティングしてしまいます。
何年か前に実際にそういう人がいました。

なお、質問したことが日経新聞に載ることもしばしば有りますから、我こそはと思う学生はやってみるといいでしょう。

続く・・・
最終回は10月後半に上げます。

また長くなってしまった・・・

ちょっとだけ追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »