« 好機到来 - 年金基金の農作物規制 | トップページ | 目的と目標の違い① »

Appleの迷走 - iPhone3Gsの不振

Apple社iPhoneの後継機「iPhone3GS」を投入してきました。
アメリカでは馬鹿売れでジョブスCEOもホクホクです。

同社CEOのSteve Jobs氏は「iPhoneは顧客から支持され,成功を収めている。『App Store』では5万以上のアプリケーションを提供しており,iPhoneの勢いはさらに増している」とコメントした。
>>「iPhone 3G S」の販売台数が3日間で100万台突破,Jobs氏が公式コメント

日本にも6月26日から使えるようになるそうですが、多分日本では売れません
今日はiPhone3GSが売れないであろう理由です。

以前、当ブログでもiPhoneの魅力について語りました。

理経済:携帯電話のスイッチングコスト

iPhoneは自分色に染めやすく、オリジナリティが出し易いです。
同人音楽や洋楽など、ニッチな音楽を着メロにできます。
また、待ち受けもJpegが使える為、殆どなんでも使用でき、加工や自作も可能です。

更に、たとえ機種がiPhone無印から3G、3GSに乗り換えたとしても、これらをリセットする必要がありません。
日本の携帯だと、自分で撮った写真以外は機種変更毎に消さねばなりません。
スイッチングコストが掛からないわけです。

問題は、これ等が3GSでなくともできることであり、3GSそのものの魅力にはつながらないと言うことです。
iPhoneが売れたとしても、iPhone3GSはそこまで売れないでしょう。

3GSに変更するに当たり、通信機能やコンパス機能を追加、強化したようです。

アップル:iPhone - 新しいiPhone 3GSの機能をすべてご紹介。

しかし単純な多機能化では、日本の発展した多機能携帯には決して勝てません
例えば、iPhoneは相変わらずQRが読めませんし、赤外線もありません。
お財布機能もないです。
メールの着メロも変えられませんし、メールの受信に1分位掛かります。

とまあ、日本の携帯より機能面では大幅に遅れています。
技術立国の面目躍如です。

しかし、アップルは世界のノキアを脅かしていますが、パナソニックは話題にすらなりません。
かつてはウォークマンという携帯音楽プレイヤーで世界を席巻したソニーも、機能的には明らかに劣っているiPodに完敗してしまいました。

無駄に多い機能よりも、ユーザーの使い勝手や"痒い所に手が届く"機能、デザイン性の方が、消費者にとってはありがたく、より売れやすいのです。

そこに来てこの3GS、日本の技術力にガチンコで勝負を仕掛けています。
Apple社のデザイン力やマーケティング力が全く生かされていません
iPhoneは是非とも欲しいと思いましたが、こちらにはぜんぜん魅力を感じません。

また、これが米国で馬鹿売れしていると言うことは、米国の消費者もある程度の多機能を望み始めたと言うことです。
日本のガラパゴス携帯を受け入れる土壌があることを、Appleは3GSによって証明してしまいました。

単純に日本の携帯を持っていっても難しいでしょうが、マーケティングを駆使して必要な機能を絞り、操作性をMSやAppleから拝借すればかなり売れると思います。

iPhoneの欠陥は主にOSで直せるものです。
携帯産業もOSビジネスを導入すれば新たなフロンティアが開けると言うのに。
googleもAndroidとかやっており、気付かないわけがないのに。

ジョブスが倒れてテンパっているんですかね。

ちなみに、3GSを買わずとも、大半の追加機能は旧iPhone3Gでも使えます。
コピペ機能や株価機能、ボイスメモはOS3.0ver.で普通使えます。

特に株価機能は、PERやニュース検索等情報面でかなり便利になりました。
こういう"痒い所に手が届く"を充実させてくれれば、魅力が増すんですがね。

|

« 好機到来 - 年金基金の農作物規制 | トップページ | 目的と目標の違い① »

企業」カテゴリの記事

コメント

そもそも単純な多機能化という理解自体が間違ってますね。iPhone 3GSは、従来のケータイとは違う、パソコン的な進化をしたのだと思います。

例えばデジタルコンパスは、コンパスアプリやGoogle Mapに使用されるだけではなく、アプリ開発の部品になるものです。例えば拡張現実(AR)やナビゲーション、ゲーム操作(視点移動)などに応用可能です。同じ事は、カメラのマクロ(QRへの対応)や動画対応にも言えますね。部品として使われてナンボです。

また、処理速度の向上も大きく、例えば3GSに搭載されているグラフィックコアがPowerVR SGX 535である可能性が高くなっていますが、これは従来よりも実に4~5倍も高速であり、最新のOpenGL ES 2.0をサポートし、将来的にはOpenCL(GPGPU)のサポートも可能なコアです。MPUコアについても、単なる412MHz→600MHzではなく、ARM11→Cortex-A8になり、同周波数でも2倍高速です。RAMは128MB→256MBになり、メモリ不足の解消と、よりパワフルなアプリ開発が可能になります。

発売後のブログの反応などを見ても非常にポジティブな評価がされていると思いますが、結局今回のiPhone 3GSはiPhoneプラットフォームの次世代基盤としての進化を十二分に果たしていると考えます。対する日本の高機能化はあくまでワープロ的な、家電的な、そういう広がりの無い高機能です。

別の言い方をすれば、iPhoneは一つの端末で30カ国の言語とキーボードを全てサポート(その為の物理キー排除)し、あくまで国際標準的な機能だけを採用し、アプリ開発の部品を用意し、ゲーム環境を整え、各国ごとに流通経路(AppStore)を用意し、ドックコネクタにより独自拡張をサポートし・・・

グローバルな視点でどのような国にも最適化可能な、統一された土台を構築しているのだと思います。その点、日本の高機能携帯は全く考えられていない詰め込み主義の高機能化ですよね。

iPhone OS 3.0からは、ドックコネクタやBluetoothが解放され、周辺機器との通信/制御をサポートします。今後は対応したアクセサリの開発が可能になるので、赤外線、(バーコードなどの)各種スキャナ、血圧計(汗)など医療関係、お財布、POSシステムへの組み込み、外部GPSと接続したカーナビ化などなど、自由自在に拡張可能になり、新たにiPhone周辺機器市場が花開く予定です。

それと、ソフトウェア開発は簡単にはいきませんよ。痒い所に手が届くような機能は、徐々に実装されていくと思います。来年の今頃には、iPhone OS 4.0も登場するのでしょうし。

投稿: | 2009年6月28日 (日) 22時35分

機能が大幅に拡張されたのはよく分かりました。
アップル社の職員が頑張ったのはよく分かりますし、
私自身IT系なのでソフトウェア開発の辛さはよく分かります。
コンパイルエラーやバグの発生が止まりません。
それを知った上で次のことを書かせてください。

機能の改善はいいのですが、それはそれとして、
それらの機能が何所まで消費者にとって必要なのかは甚だ疑問です。
もし不要だとするならば、ソフトとハードの差はあれ、
日本企業と同じミスをアップルはしていることになります。

ブロガーの反応も確かに良いようですが、
ではそのブロガー達が、果たして3万円をかけかつ今の携帯を捨てて、
3GSに乗り換えるでしょうか?
私はそんな魅力を感じません。
投資についても書きましたが、行動するのは結構辛いものです。

結果は暫くすれば出るでしょう。
仮にどうなるにせよ、顧客を大事に考える事が近道になると思います。

投稿: なる | 2009年6月29日 (月) 00時08分

今回のアップグレードは高速化がメインっぽいですね。

iPhone 3G S(SpeedのS)と名付けたのには、それなりの理由があります。今回のアップグレードは高速化がメイン。そしてこのスピードこそが3Gから3GSにアップグレードする唯一にして最大の理由なのです。
http://www.gizmodo.jp/2009/06/iphone_3gs_3.html

>ブロガーの反応も確かに良い
買い換えてさらにtwitterするのがブームっぽいです。

■GMO熊谷社長
http://www.kumagai.com/?eid=483

投稿: su-Z | 2009年6月29日 (月) 03時47分

3G時代は携帯と言うより小型PCでした。
それゆえ、フリーズや処理落ちも頻発し結構大変です。

3GSを使って比較したことがないため、
一体どの程度早くなったのかは分かりませんが、
数値の変化を見ただけではあまり凄さは分かりませんでした。

ブロガーの反応も上々でブームを予見する人も多いようですが、
熊谷社長のように実際に買ってやっている人が言うならば兎も角、
買いもしない人が言っても説得力はないです。

未だにiPhoneを見せると驚かれる事がしばしば有ります。
3G自体対して普及していないんですね。

投稿: なる | 2009年6月29日 (月) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/45478384

この記事へのトラックバック一覧です: Appleの迷走 - iPhone3Gsの不振:

« 好機到来 - 年金基金の農作物規制 | トップページ | 目的と目標の違い① »