« エイサーのパソコンが欲しい | トップページ | ソニーの決算 in ニコニコ »

若者を軽視すると・・・

ちょうど今、テレビ東京系で「ガイアの夜明け」で内定切りについてやっています。
若者の失業率の話をすると、年金問題や労働力問題が取りざたされますが、問題はこれだけに収まりません。

先日、「国産」のブランド力が落ちていると述べました。
これは言い換えれば、日本人の日本に対する忠誠心が落ちているとも取れます。

不況とは言え若者を切り続ければ、企業に対しての忠誠心はどんどん落ちます。
入社した会社の製品を買う人は、結構います。
しかし、内定取り消しを受けたりすれば、口では仲良くしようとは言っても、何となく避けてしまうでしょう。

人間の怨恨感情は長く続くもの
私が就職活動をしたとき、両親は彼是30年以上も前の体験記を語ってくれました。
その時も、自分が落とされた企業の名前を幾つか憶えていました。
皆さんも何所から落とされたか、憶えていませんか?

ただでさえ若年層への仕打ちは人口減少の一端を荷っており、忠誠心を持つ絶対数が減っているのに、この上この仕打ちでは先が見えています。

論語で言う所の「己の欲せざる事人に施す事なかれ」と言うわけです。
自分が嫌えば相手も嫌うと言うことです。

理経済:エイサーのパソコンが欲しい

|

« エイサーのパソコンが欲しい | トップページ | ソニーの決算 in ニコニコ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/45139607

この記事へのトラックバック一覧です: 若者を軽視すると・・・:

« エイサーのパソコンが欲しい | トップページ | ソニーの決算 in ニコニコ »