« トイレーダー | トップページ | ちょっとお知らせ - 世界ICTサミット2009 »

日本国債格上げ?

今日、「格付け会社ムーディーズが日本国債格上げ」と言うニュースをWBSでやっていました。

しかし、私が聞いたのと少し違ったので色々調べてみたのですが、やはり単なる格上げではないようです。

ムーディーズは今回、日本の自国通貨建て債務格付けをAa3からAa2に引き上げる一方、外貨建て債務格付けをAaaからAa2に引き下げ、債務格付けをAa2に統一した。
>>ムーディーズの日本格付け変更、市場への影響は限定

単なる格上げではなく、自国通貨(つまり日本円で発効された国債)では格上げなんですね。
外貨建てでは逆に下がっています

以前のエントリーでも書いたとおり、日本国債の多くは日本人が保有しています。
その割合は93%です。

理経済:米国債の推移

今後、日本の金融資産が海外投資などで日本から出て行ってしまえば、例え日本円建ての格付が上がってもあまり意味はないでしょう。
その価値はどんどん下がります。

もし海外に売る場合、現地通貨建てとなる可能性が高いですから、今回の格付変更は寧ろ日本にとってはデメリットです。
米ドルのように世界的な通貨であったり、中国元のような登り竜なら兎も角、三大通貨からも滑り落ちそうな通貨では、買わされる国も嫌がります。

今回の一報は悪報だと思います。

ところで余談ですが、最近米国債乱発による価値の低下が言われています。
しかし、私はこれは些細な問題だと思います。

なぜなら、得てしてバブルとは当人達が気付かない時に起こるものだからです。
皆が懸念しているうちは特に大きな問題にならないでしょう。

追記:

やはり海外では外貨建ての格下げの方がセンセーショナルなようです。

Bloomberg.co.jp:【経済コラム】ムーディーズが開けたパンドラの箱-W・ペセック

|

« トイレーダー | トップページ | ちょっとお知らせ - 世界ICTサミット2009 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/45058232

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国債格上げ?:

« トイレーダー | トップページ | ちょっとお知らせ - 世界ICTサミット2009 »