« 有朋自遠方来、不亦楽乎 | トップページ | 若者は、日本で暮らしたいなら投資をしろ »

どういう計算ですか?

政府から多額の資金供給を受けているAIGが、3~5年で返済できると言っています。

米政府の公的管理下で経営再建を目指している保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)のエドワード・リディ最高経営責任者(CEO)は13日、議会の公聴会で証言し、公的資金を3年から5年以内に政府に返済できる見通しだと語った。
>>米AIGのリディCEO:5年以内に公的資金返済へ-議会で証言

確か優先株や貸付などで、1800億ドル資金注入されていたような。
すると年平均350億ドルくらい返していくんでしょうか?

傘下の優良子会社を片っ端からIPOするとして、資産も色々売却。
それでも1800億ドルを5年では難しいような気がします。

まあ、本当に返せたなら株主の私は有り難いのですが、ちょっと楽観的過ぎる気がします。

|

« 有朋自遠方来、不亦楽乎 | トップページ | 若者は、日本で暮らしたいなら投資をしろ »

企業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/45016111

この記事へのトラックバック一覧です: どういう計算ですか?:

« 有朋自遠方来、不亦楽乎 | トップページ | 若者は、日本で暮らしたいなら投資をしろ »