« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

どういう意味ですか┐(゚~゚)┌

債権者と折り合いのついたGMについて、また変なニュースが飛び込んできました。
ちょっと長いのですが、全文を記載します。

[28日 ロイター] 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は、米証券取引委員会(SEC)への提出文書で、財務省による363セール(連邦破産法363項に基づく資産売却)提案について、GMが破産法の適用を申請した場合、同省が支援する新会社が資産を取得すると説明した。

 またGMの声明によると、財務省のこの提案は無担保社債保有者に、GMのリストラ努力への支持に対するインセンティブを提供する。

 また同案の実施により、健全なバランスシートを持つ新GMが誕生するという。

 GMによると、元本規模272億ドルの社債は最終的に旧GMの債務となる

>>米財務省が363項提案、破産申請の場合は新会社が資産取得へ=GM

私の読解力が低いせいか、意味が分かりません。

この文章を真に受けると、政府がGM内部の優良資産を新生GMに移し変え、債権者は残った抜け殻部分を収得するということでしょうか?

他の報道ですと、社債購入者や労組は新生GMの株式(ワラント)をもらえるそうですが、会社の大債権者である労働者や、売掛金を持っている下請けはどうなるのでしょうか?

記事の中では「リストラ努力への支持に対するインセンティブ(≒動機)」になるとの事ですが、これは当然です。

優良資産を奪われた会社から債権の回収をするためには、リストラして少しでも債務や固定費を削減するしかありません。
何せ、売るべき資産がごっそり無くなっているわけですから、取れる手段は限られてきます。

連邦破産法363条について調べると、以下のような条項のようです。

管財人は、原則として、債務者の通常の商行為(ordinary course of business)の範囲内で財団財産を自由に販売・リース・使用することができる(363条(c)項)
通常の商行為をこえる場合には、裁判所の許可を得なければ処分の実行はできない(363条(b)項)
>>Wikipedia連邦倒産法第11章 - 財団財産の処分

しかし、裁判所と政府はグルなわけですから、政府側がいかようにも資産の処分が出来るわけです。
実質的な国有化ということでしょうか?

安値で新生GMに資産を譲渡し、債権者のお金は踏倒しですか。
これでは債権者は納得しないでしょうし、今後の米国企業の資金調達時の足かせになるでしょう。

米国にはシティやAIG等多額の負債を抱える、公的資金を注入された会社が有ります。
彼らの資本市場からの資金調達に多大な影響が有りそうです。
政府の意向を公言する取締役員を送り込み、破綻をさせて新会社を設立させればいいのですから。

理系済:アメリカの保護主義懸念について
本質:GMの破綻が濃厚に・・・

追記:

ロイター:米GMが債務株式化で修正案、社債保有者の約20%が支持

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GM、破綻回避!

GMの債権者が修正案に応じた模様。
これで破綻は無さそうです。

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N: 株価, 企業情報, レポート)の債券保有者は、同社債務の株式への転換提案について、修正案を受け入れた
>>米GMの債権者、債務株式化の修正提案受け入れ=報道

理経済:GM破綻のとばっちり
理系済:アメリカの保護主義懸念について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び動き出す、中国の資源戦略

一部報道では、GM救済の為に500億ドルほどの追加出資が検討されているようです。

財務省による巨額の支援を意味し、一部見通しでは最大で500億ドルになるとの見方もある。
>>米政府、GM株の70%取得する見通し=報道

そんな、政府の巨額赤字を見越してか、資源価格の高騰と、新興国の囲い込みが水面下で進んでいます。

中国の鉄鋼メーカーは、英豪資源大手リオ・ティントと新日鉄が合意した鉄鉱石価格の条件を拒否する意向だ
>>中国メーカー、リオと新日鉄が合意の鉄鉱石価格条件拒否へ=業界筋

最近は経済危機の方がクローズアップされている為目立ちませんが、原油や資源はじり高、当の資源メジャーも存在感を増した新興国企業に頭が上がりません。

特にこのリオ・ティント世界的な資源メジャーの一角であり、鉄鉱石に留まらずアルミやウランでも幅を利かせていますから、新日鉄以外のメーカーも苦労しそうです。

日系企業は、不景気の名の下に引け腰ですが、グローバル化の激流に身を置く国とそうでない国の差が出ているようです。
気付いた時には手遅れになりそう。

理経済:資源の行方と日本
理経済:農地争奪戦と水資源
理経済:激流世界

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GM破綻のとばっちり

個人的には少々意外なのですが、ビッグ3(今は2ですか)の一角、GM、ゼネラル・モーターズの破綻がほぼ確定的となりました
クライスラーがポシャった事で政府がGM救済に躍起になると思いましたが、世の中そんなに上手くはいかないようです。

さてGMが破綻となると、その部品製造などをしている下請け孫受け曾孫受けが、総出で影響を受けます。
部品が売れ無くなるかもしれませんし、売掛金が回収できなくなり、貸し倒れするかもしれません。

帝国データバンクによると、日本国内だけで102社が影響を受けるそうです。
米国本土ではもっとすごいのでしょう。

帝国データバンクは27日、米ゼネラル・モーターズ(GM)が経営破綻した場合、GMと取引のある日本企業102社に売掛債権などを回収できなくなる恐れがあると発表した。
>>GM破綻なら国内102社に不良債権発生の恐れ 帝国データ調べ

GMが破綻して問題になるのは、連鎖破綻だけではないでしょう。
連鎖破綻より先にまず起こるであろう事は、オバマ大統領の支持率の低下です。

大統領は散々自動車産業を助けると言っていました。
しかし結局助けられないとなれば、その信頼は急激に落ちます。
経営者なら株主が怒りだして、首が飛びます

現在米国を含め、殆どの国の国民は政府を頼っています。
それだけに国家の長は強い指導力が必要となります。

そんな中で支持率が下がれば、日本のように国内政治がガタガタとなり、大幅なGDPの下落を記録する事となるでしょう。

更に、米国の場合は金融機関もとばっちりを受けるでしょう
理由はその救済額の差です。

アメリカの金融機関は政府から一社数百億ドル規模の支援を受けています。
AIGに至っては1000億ドルを越えています。
一方GMは194億ドルしか借りられていません。

GMの労働者や下請け会社から見れば

「GMだって後100億ドル融資してもらえれば、立ち直れるかもしれない。
なんで銀行の高給取りは救われて、安月給の我々が惨めな思いをせねばならないのか!
ムキー o(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;」

と考えるでしょう。

腹いせに取り付け騒ぎを起こすかもしれません。
人間は時として、自身の犠牲を省みず制裁を加えようとします
去年の緊急経済安定化法否決が良い(悪い?)例です。

マーケット関係者には、GMの破綻に関して楽観的なムードが漂っているようですが、結構な大惨事になると思います。

追記:

なお、日本の事業所数は600万社です。
102社はそれ程多くないです。

統計局:平成18年事業所・企業統計調査のはなし - 調査結果から分かること

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ソニーの決算 in ニコニコ

毎期恒例のソニーの決算動画です。
相変わらず文字が黄色に変わる仕様のようで。

今回も大根田節が炸裂!
景気が良くても悪くても稼げないのに自分の非は認めないようです。

やはり字画が悪いのか・・・

画数と良運:大根田伸行 おおねたのぶゆき の画数・良運

最近はネットで簡単に調べられるんですね。
両親は「響きよりも、将来字画で凹まないように」と名づけてくれたそうです。
確かにその方が賢明ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若者を軽視すると・・・

ちょうど今、テレビ東京系で「ガイアの夜明け」で内定切りについてやっています。
若者の失業率の話をすると、年金問題や労働力問題が取りざたされますが、問題はこれだけに収まりません。

先日、「国産」のブランド力が落ちていると述べました。
これは言い換えれば、日本人の日本に対する忠誠心が落ちているとも取れます。

不況とは言え若者を切り続ければ、企業に対しての忠誠心はどんどん落ちます。
入社した会社の製品を買う人は、結構います。
しかし、内定取り消しを受けたりすれば、口では仲良くしようとは言っても、何となく避けてしまうでしょう。

人間の怨恨感情は長く続くもの
私が就職活動をしたとき、両親は彼是30年以上も前の体験記を語ってくれました。
その時も、自分が落とされた企業の名前を幾つか憶えていました。
皆さんも何所から落とされたか、憶えていませんか?

ただでさえ若年層への仕打ちは人口減少の一端を荷っており、忠誠心を持つ絶対数が減っているのに、この上この仕打ちでは先が見えています。

論語で言う所の「己の欲せざる事人に施す事なかれ」と言うわけです。
自分が嫌えば相手も嫌うと言うことです。

理経済:エイサーのパソコンが欲しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイサーのパソコンが欲しい

隆盛を誇っていたビッグ3がいい加減潰れそうな今日この頃ですが、その裏では新興国のメーカーが追い上げているようです。

世界のノートパソコン市場でシェア2位(米調査会社ガートナー調べ、08年台数ベース)だが、世界最大シェアを持つ「ネットブック」タイプの市場拡大により、首位の米ヒューレット・パッカードを抜き去る構えだ
>>ロイターサミット:台湾エイサー、ノートPC世界一が視野

最近ではホンハイ系のビジオは、液晶テレビの北米販売台数が一位に輝いたとか
韓国のLGも、首位のノキアにじりじり迫っていましたし。

世界四季報:鴻海精密工業

日本のアナリストやニュースはアメリカの動向に釘付けですが、後ろに構える新興国は着々と追い上げているようです。

先日、JR秋葉原を歩いていると、台湾メーカーのAcerがキャンペーンをしていました。

キーボードを使いやすくしたにも拘らず、外注などを利用して5万円のノートパソコンを作っているとの事。
昔電気屋で「一番安いノートPCください」と言ったら10万円のダイナブックが出てきたのはいい思い出です。

一昔前だと、新興国の聴いたこともないブランド物だと、安かろう悪かろうなイメージが有りましたが、最近そうは思いません。

私の着ている服はバングラデシュ製ですし、何度蹴飛ばしても壊れない目覚ましは中国製です。
ある意味国産よりも優秀です。

最近のニュースを見ていると、アメリカ人が「GMの車なんて買わないよWaHaHa」みたいな事を言っていますが、市場のニーズに適応できなくなれば、たとえ「国産品」であっても売れないと言うことが証明されました

多くの人はもう記憶の彼方に行っているであろう、事故米問題や、トヨタ、三菱自動車のリコール問題も、これ等の前触れなのかもしれません。

そろそろノートPCを買い換えたいのですが、今度はエイサー製を買いたいと思います
携帯にしても食品にしても、最近国産の魅力をぜんぜん感じません

10年後くらいには、「日本ブランドはあの頃が曲がり角だった」と言っていそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界経営者会議2009に参加する学生の為に②

前回のエントリーの続きです。
今日は、学生が世界経営者会議に参加するにあたってのアドバイス当日編です。

理経済:世界経営者会議2009に参加する学生の為に

さてさて、参加当日に関してですが、会場は以前はホテル・オークラだったのですが、一昨年辺りから東京タワー近くのザ・プリンス パークタワー東京になっています。
おそらく今年もここでしょう。

会場の見取り図はこんな感じ。

Photo

一般客の出入り口は後ろの一箇所のみです。
講師は舞台袖の出入り口から、会社関係者は舞台下の出入り口から出入りします。
招待客は最前列で、財界のVIPが座ることが多いです。

舞台の両サイドには大型モニターが有り、発表資料や会社のイメージ映像等を流します。
最前列中央はかなり見難いそうです

尤も、発表資料は事前に配られますし、海外勢の資料は殆ど何も書いていないので見る必要がありませんが。

開演は9:30くらいからですが、実際は時間前から並ぶ人がいるため、9:00から入れます
以外に人気があるため、時間前から10人くらい並んでいます。

受付前には日経CNBCを垂れ流すモニターが有り、暇つぶしに見ている人がチラホラ。
特に去年は、日経平均が7000円割れした時だったので、人だかりが出来ていました。

朝来ると、まずチケットの提示をせがまれます。
その後、会場への入場証代わりにIDの作成をさせられます。
名刺をネックストラップにつけるだけの簡単なものです。

これがないと、たとえチケットを持っていても会場に入れません。
作らないで会場に入ろうとするとスタッフに阻まれます
名刺がない場合は白紙に油性ペンで名前を書き、これがIDとなります。

しかし、これがまたかなりかっこ悪い
観客は皆、色取り取りの社章を刻印した名刺をぶら下げているのに、黒字、無印はかなりかっこ悪いです。
私はあまりのかっこ悪さに、次の年からは大学の名刺を作って行きました。

しかし、社会人になって分かったのですが、学生の場合は寧ろそれをアピールした方がいいです。

社会人になると、背中に社名を背負うことになるので気軽に会話できなくなります。
ですから学生であることをアピールする為に、例え名刺を持っていてもIDにしない方がいいです。

一方、会話をするときは積極的に自身の名刺を渡しておいた方が良いかもしれません。

会場には経営者や投資家がぞろぞろ来ている為、起業を考えている人や就職活動も一緒にしたいという人は、事前に校章入りの名刺を用意しておきましょう。
ついでに言うと外国人も多数来る為、日英二言語で作った方がいいでしょう。

会場の席取りについては、開場と同時に行ってもそれなりに良い席を取れます。
しかし最前列はすぐに埋まってしまうので、少し早めに行く事をお薦めします。

また、就職活動も一緒にやりたい学生は、壇上向かって左奥、会社関係者席の真後ろに陣取る方が良いでしょう。

講師である社長は舞台袖から出て行ってしまうので、講演後に話す機会は有りません。
しかし会社関係者は席の左にある出口から出て行くので、チャンスが有ります

会社関係者は○○本部長や専務クラスが来ます
社長が喋るのですから当然ですね。

自分を直接売りたいのなら、大学の先輩や人事の下っ端に名刺を押し付けるより効果があるでしょう。
逆効果かもしれませんが。

長くなったので続く・・・

理経済:世界経営者会議2009に参加する学生の為に③

この話題、需要有るんですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界経営者会議2009に参加する学生の為に

先日、日経新聞社主催の「第15回 アジアの未来」が終わりました。
麻生総理など、世界中の国家元首、国家宰相が集まり色々話してくれたようです。
未だに行けなかった事が悔やまれます。

さて、日経新聞社主催の大イベントはもう一つ有ります。
それが「世界経営者会議」です。
今日は世界経営者会議2009に参加したい学生へのアドバイスです。

名前の通り、世界中の大企業、注目企業の経営者がそろい、講演してくれます。
過去にはクラウドコンピューティングで有名なSalesforce.comマーク・ベニオフや、米財務長官を務めたゴールドマンサックス(ヘンリー)ハンク・ポールソンも来ました。

会場の聴衆も国内外の経営者(大企業含む)や投資家、報道陣が揃っています。
毎年10月の末頃の月、火曜日に開かれ、今年は26、27日と思われます。
このイベントだけは是非とも参加したです。

費用は63000円、応募人数が多い場合は抽選となります。
例年の状況ですと、倍率は1.5倍くらいのようです。
電車代なども含めると7万円位になるため、結構な出費です。

費用はかかりますが、これまたとても役に立ちます。
基本的に質問も出来、講演者であるCEOが熱演しすぎない限り、チャンスは有ります。
場合によっては昼食時に直接話が出来ます

経営を学ぶものにとって涎物のこのイベントは、お値段も高くそこそこ倍率があるためあまり一般の人は参加しません。

私も何度か参加したのですが、去年も見た顔が何人も参加しています。
リピーターだらけなんですね。

理由はDMにあるようです。
普通の人よりも数日前に手紙が届き、参加表明できます。
先着順ではないようですが、リピーターには色を付けている様に見えます。

そんな狭き門(と思われる)イベントなのですが、実は裏口が有ります。
それは学割制度です

学生の場合、学割により費用が半額になります。
また先着30名の為、知っている人はほぼ確実に参加できます
しかも学生は例年10人くらいしか来ないので、多少遅れても問題ありません。
値段は正規でいいので、その枠くれませんかね?

さて、参加応募はこれでバッチリです。
次は事前準備です。

講師は初めから公表されているので、その会社のことは調べた方がいいです。
と言うのも、知らない企業が多いからです。

日本は国内企業が強い為、世界的な大企業であっても知らないことが間々有ります。
例えば去年来たノバルティスファーマ

ノバルティスはスイスに本拠地を置く製薬会社で、時価総額は武田薬品工業(4502)の3倍、売上高も3倍と言う大企業です。
しかし、恥ずかしながらぜんぜん知りませんでした。

このように、講師の方の会社は日本での知名度は低いですが、物凄い会社です。
是非ともどんなことをしている会社なのか、事前に調べていきましょう。

続く・・・
次回は参加当日についてです。

理経済:世界経営者会議2009に参加する学生の為に②
理経済:世界経営者会議2009に参加する学生の為に③

Novartis AG (NVS)
特色
連結売上高(2008/12/31)
425.8億ドル
時価総額(2009/05/22)
906.9億ドル
株価
40.08ドル

ノバルティスファーマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもしろ中国

私はこの前就職したのですが、職場の同僚に中国人がいます。
先日、この中国人と飲みに行ったときに、中国の駐車場問題について語ってくれました。

中国の駐車場問題自体は2005年頃には既に日本に轟いていましたが、景気が悪くなっている今でも、相変わらず問題になっているようです。

曰く、「最近自分の周りも含め、そこそこ小金が出来ているので、自転車から車に乗り換える人が多い」との事。
中国政府はビルや道路を作るのには熱心なようですが、それに対応する駐車場はまだないようです。

道は広いそうなのですが、二重駐車三重駐車が頻発する為、渋滞も多く、それが更なる路上駐車を生むそうです。
今中国で駐車場事業をすれば絶対儲かるそうです。

できれば実際に見てみたいのですが、中々上手くはいきませんね。
9月の連休にでも行ってみようかな。

ちなみにその人の言葉ですが、

「あの国絶対可笑しいよww」

だそうです。

以前動画サイトに上がっていた、芝生に緑色のペンキを塗るとか、まがい物が多いのは本当だそうです。

芝生のペンキ塗りは、緑化がどうとかではなく壁にペンキを塗るような感覚だそうです。
著作権もないよ、との事。

近くにある国ですが、結構文化は違うようです。
う~む、行ってみたい。

この国も渋滞で悩んでいるそうです。
沸騰都市:ブラジル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとお知らせ - 世界ICTサミット2009

明後日に「アジアの未来」という、日経新聞社主催の講演会が行われます。
そのためか、当ブログにも検から来てくださる方が多いようです。

理経済:第15回 日経「アジアの未来」開催

世界各国のVIPが集う為大変役立つのですが、如何せんお値段が高くて敵いません。
さて、今日はお金をかけずに講演を聞きたい方にお知らせです。

本日日経からDMが来たのですが、来る6月8,9日に無料でITに関する講演があるそうです。

世界ICTサミット2009  -情報消費社会の未来-

・日時:2009年6月8日(月)・9日(火)
・会場:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7)

・主催:日本経済新聞社、総務省

受講無料、事前申し込み・抽選制(5月26日締切)
  お申し込みは http://www.ict2009.jp/ より

相変わらず平日なので私はいけませんが、興味のある方はどうぞ。

抽選と書いて有りますが、平日の為倍率はそんなに高くないと思われます。
何年か前に行ったことが有るのですが、その時は席の半分くらいしか埋まっていませんでした。

無料の割には講師が豪華で、グーグルの副社長や、例のドコモの山田隆持社長も来るそうです。
特に2日目はチャイナモバイルの王建宙CEOも来るので、行けないのが残念です。

ちなみに質問時間は期待できません。
最後のパネルディスカッションの時にちょっとあるかもしれませんが、殆ど出来ないでしょう。
偉くなると質問するにも金がかかるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国債格上げ?

今日、「格付け会社ムーディーズが日本国債格上げ」と言うニュースをWBSでやっていました。

しかし、私が聞いたのと少し違ったので色々調べてみたのですが、やはり単なる格上げではないようです。

ムーディーズは今回、日本の自国通貨建て債務格付けをAa3からAa2に引き上げる一方、外貨建て債務格付けをAaaからAa2に引き下げ、債務格付けをAa2に統一した。
>>ムーディーズの日本格付け変更、市場への影響は限定

単なる格上げではなく、自国通貨(つまり日本円で発効された国債)では格上げなんですね。
外貨建てでは逆に下がっています

以前のエントリーでも書いたとおり、日本国債の多くは日本人が保有しています。
その割合は93%です。

理経済:米国債の推移

今後、日本の金融資産が海外投資などで日本から出て行ってしまえば、例え日本円建ての格付が上がってもあまり意味はないでしょう。
その価値はどんどん下がります。

もし海外に売る場合、現地通貨建てとなる可能性が高いですから、今回の格付変更は寧ろ日本にとってはデメリットです。
米ドルのように世界的な通貨であったり、中国元のような登り竜なら兎も角、三大通貨からも滑り落ちそうな通貨では、買わされる国も嫌がります。

今回の一報は悪報だと思います。

ところで余談ですが、最近米国債乱発による価値の低下が言われています。
しかし、私はこれは些細な問題だと思います。

なぜなら、得てしてバブルとは当人達が気付かない時に起こるものだからです。
皆が懸念しているうちは特に大きな問題にならないでしょう。

追記:

やはり海外では外貨建ての格下げの方がセンセーショナルなようです。

Bloomberg.co.jp:【経済コラム】ムーディーズが開けたパンドラの箱-W・ペセック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレーダー

最近知ったのですが、世の中には「トイレーダー」なる人がいるそうです。

会社のトイレに閉じこもって、携帯電話で株を売り買いするトイレ・トレーダー
>>Yahoo!辞書:トイレーダー

07年には出来ていた新語だそうですが、私はつい先日初めて聞きました。

昔私も携帯でデイトレしていた時期が有りましたが、儲かる云々以前に、携帯のパケット代がかかってかかって仕方ありませんでした。

しかもダウンロードが遅いので一注文程度なら兎も角、数秒単位で売買するような取引にはかなり不向きです。
システムトレードなのか、それっぽい人の俗称なんでしょうかね?

しかし、会社でデイトレしている写真などがよく載っていますが、経験者として思うのは「よくやる気になるな」と言うことです。

デイトレは簡単に儲かるようないわれ方をしていますが、とんでもありません。
やれば分かりますが、かなり精神も体も酷使します

かかっている額が大きくなると、ほんの1秒そこらで1%位の動きが有ります。
オプションや先物なら1秒で数%と言うのはザラに有ります。
100万円の元金なら1秒で5000円くらい損得が有ります。

この為、一度やり始めると目が離せません。
何せタイミングを逃すと、突然損失が出ているときもよくあるからです。
10分そこらの時間で片手間にやるのはかなり難しいと思います。

そもそも証券会社や銀行の、(所謂)プロの方々がPCに張り付いて取引しているわけです。
素人が片手までやるのはまず無理だと思います。

最近は夢を見る方々は少なくなったようですが、相変わらず片手間のデイトレーダーはいるようです。
まあ、個人の趣味なのでいいのですが。

理系済:デリバティブはハイリスク?①

| | コメント (0) | トラックバック (0)

激流世界

ビッグ3の(元)一角、クライスラーはフィアット円満に御結婚なされました。
後はダイムラーの時のような離婚問題に発展しないことを願います

さて、残り2社のうちフォードは何とかなりそうですが、GMの解体は免れないようです
救済云々と言うよりも、野心旺盛な肉食会社が手負いの獣を貪っているという感じです。

そんな中、今まで形を潜めていた新興国の方々がどんどん前に来ています。

ロシアのズベルバンクは、米ゼネラル・モーターズGM)傘下オペルに対する買収計画に参加することを検討している。
>>露ズベルバンク、オペル買収計画への参加を検討中=CEO

オーストリア・カナダ系自動車部品メーカー、マグナから、ロシアの自動車メーカーGAZに対し、米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下のオペルに買収提案を持ちかけるよう要請があった。
>>マグナ、露企業に対しオペル買収提案を要請=プーチン露首相

以前、インドのタタ・モーターズがジャガーなどを買収していましたし、ミタルとアルセロールの電撃入籍は記憶に新しいです。
景気が後退しても中国アルミとリオ・ティント等、彼らの旺盛な野心はまだまだ衰えていないようです。

トヨタなどの日系自動車企業はまだまだお金があるはずなのですが、あまり動くと言う気配がありません。

最近の若者は草食系と言いますが、若者がというより日本全体が草食系になっている気もします。

トヨタ自動車(7203)の流動比率 = 238.7% (3541378÷1483718×100)

参考資料:決算要旨(平成21年3月期) PDF

お金はあるんですが、野心はないようです。
先日酔うぞ氏がコメントで、「頭を下げてといれば、時間が通りすぎる」という若者が多いと仰っていましたが、日本全体にそういう空気が満ちているようです。

所謂BRICsの人口を足すと約28億人となり、世界の人口の凡そ半数です。
彼らが自国の自動車や製品を信仰しだせば、トヨタなどの日系組は窮地に立たされるでしょう。

技術力が勝っているうちはいいですが、少しでも体勢が崩れると一気に攻め込まれそうです。
アメリカのビッグ3は決して人事ではないのです。
どうも当事者意識がないようですが。

昨今の世界の潮流は全体的に早いです。
原油は底入れ、株価も上向き、市場は既に楽観的なムードが漂っています。
自動車産業を皮切りに、企業再編も活発になってきました。

本当に回復しているのかどうかは分かりませんが、少なくとも再編は進んでいます。
世界にある激流に上手いこと乗っていかないと、いつの間にか飲み込まれてしまいそうです。

それにしても、記事によると、プーチン首相が「産業界の問題」と言っていますが、今までのことを考えると、ちょっと嘘臭いですな(;;;´Д`)
ユコス(ユーコス)とかメチェルとか散々手を入れてるのに、今更「産業界の問題」とは。

しかし、こんな事を言うとトイレに入れなくなりそう。

ウラジミール・プーチン

ヤク丸さんにしか見えないw

出典:プーチン大統領の写真展

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若者は、日本で暮らしたいなら投資をしろ

最近、大学の友人や後輩と交流が有るのですが、皆就職に関して不安を抱えているようです。

私の場合物理専攻なので、周りの人は大学院に行く人が多いのですが、就職を目指す人も多くいます。
特に私は1留なので、院に行った同期は就活真っ最中です。

今日は若者の雇用から見る、経済的自衛論の話

彼らの最近の話題は、学問や新技術のそれよりも、専ら就職活動についてです。

純に未来がかかっていると言うのも有りますし、テレビなどで散々煽っていることが問題なようです。
ただ、企業も冷たいようですが、話を聞いていると私の時と大差は無いように聞こえます。

日本の若者にとっては、就職は一大イベント。
既卒就職の門が狭く、相変わらず終身雇用染みた雇用体系が罷り通っています。

学生を続けたいから院やら留年やらをする人もいますが、日本で職を得たいなら、この一度きりのチャンスを逃すことは出来ません

特に、今回の就職氷河期はある程度予想出来ましたから、知っていた人は上手く切り抜けられ、知らない人は転落する事となりました。
これを考えれば自衛の大切さがよく分かります。

理経済:不注意からの就職氷河期

雇用問題に興味を持っていないと確かにこのようなことを知らないことも多いでしょうが、知らなかったでは済まされない問題です。
普段からの関心が、身を助けることになります

何でもそうですが、学ぶことは社会で生きていくうえで、強い防御手段となります。
例えば英語や中国語が話せれば、日本で暮らせなくなっても生きていけるでしょう。
工学が出来れば職に就けるかもしれません。
芸は身を助けるのです。

教育をなされていない途上国で、人々の生活水準が低い原因の一つは、学がないために賢い人に毟られているからです(忘れがちですが、日本は毟る側の国です)

しかしそうは言っても、専門でなく興味もないものを学ぶと言うのは中々に苦痛です。

というわけで、私が提唱するのは「まずは何でもいいから投資してみろ」と言うことです。
先に断っておきますが、私は証券会社の回し者ではありません。

投資でなくてもいいのです。
要するに、当事者意識を持ち流れの中に身をおくことが大事だと言うことです。

その時に最もやり易く、手軽に出来ると言うことで投資を勧めているのです。

単元の関係で単価が高くなりがちですが、ETFや海外株は5万円も出せば十分参加できます。
パチンコや競馬、宝くじに出すお金を少し回せば、簡単に出来ます(英語に自信があれば海外で取引も出来ます。30$位で大企業の株が買えます)

日本企業は「長期投資を」と言いつつも、かなり抜けています。
長期の割に長期の投資家を呼ぼうとしませんし、雇用政策でも扱けています。
彼らが自分の事を守ってくれるとは考え難いです。

更に、個々人の境遇は本人にしか分かりませんから、十把一絡げに守ることも出来ないでしょう。
結局自分の身は自分で守れと言うことです。

前述の通り、日本では一度きりのチャンスを逃すとかなり不利になります
零れ落ちた人は派遣と言われるような不遇を(嫌々ながら)受け入れるか、海外に出稼ぎに出るしかありません。

クローズアップ現代 - “就職氷河期世代”夢はつかめるか

もし日本に一生住みたいのであれば誰であれ、アンテナを張り流れに敏感になるしかなさそうです。
自分の身は自分で守るしかないのです
私は投資をしていたおかげで、情報を受信することが出来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どういう計算ですか?

政府から多額の資金供給を受けているAIGが、3~5年で返済できると言っています。

米政府の公的管理下で経営再建を目指している保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)のエドワード・リディ最高経営責任者(CEO)は13日、議会の公聴会で証言し、公的資金を3年から5年以内に政府に返済できる見通しだと語った。
>>米AIGのリディCEO:5年以内に公的資金返済へ-議会で証言

確か優先株や貸付などで、1800億ドル資金注入されていたような。
すると年平均350億ドルくらい返していくんでしょうか?

傘下の優良子会社を片っ端からIPOするとして、資産も色々売却。
それでも1800億ドルを5年では難しいような気がします。

まあ、本当に返せたなら株主の私は有り難いのですが、ちょっと楽観的過ぎる気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有朋自遠方来、不亦楽乎

皆様、いつも当ブログに御越し下さり有難う御座います。
ここ最近は閲覧数も緩やかですが右肩上がりで、ブロガー冥利に尽きます。

さて、今日は私同様理系でありながら経済学を学んでいる同士がいらっしゃったので、ちょっとご紹介します。

理系ωのgdgd日記

制作者ω氏は、都内大学に通う工学系の方だそうです。
色々興味があるようで、経済にも興味があるそうです。
私同様、最近ブログを始めたようで、最新のエントリーは定額給付金に関してでした。

元々理系の学問と経済系は親和性が高く、先人の中にもこの境界を越えた人は多数います。

例えば経済学者のケインズはニュートンにご執心でしたし、そのニュートンも晩年は経済学をこよなく愛していました。
ニュートンはイギリス出身ということで、同じイギリス人の経済学者、ジョン・ロックとも仲が良かったそうです。
ロックは古典派経済学の先行者でした。

ついでに言うと、悪名高いサブプライムローンや、その他証券化商品を生み出したのも物理屋や数学者です。

とまあ、経済学と理学は結構似ており、本来仲が良いものだと思います
(しかし、実際に掛け持つと特に理系の先生に白い目で見られます。)

このブログも、こんな名前なのでもっと理系と経済を繋げて行きたいものです。
なんかずれてる気もしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本屋について、いいことを思いついた

最近、新人研修で本屋の経営についてやっているため、ふとした時に色々考えてしまいます。

本屋さんはかなりの不況のようで、金融危機が出る前から「出版不況」等と言われ続けてきました。
本屋の純利益率も平均1%とかなり低迷しています。

原因は色々あるようですが、よく言われるのが「委託制度」と「再販売価格維持制度(再販制度)」です。
今回は後者の再販制度について、良いことを思いついたのでエントリーします。

さて、この再販制度とは何でしょうか?
端的に言えば、本を「一物一価」にすることです。

皆さんも色んな本屋に入ったことが御ありでしょうが、不思議なことにどの本屋に行っても同じ本は同じ価格で売られています。

また、新刊の値引き合戦を見たこともありません。
最近ではコンビニでさえ見切り品など、値引きをするのに、本屋だけは見たことがありません

これが再販制度です。
新品の本は、常に同じ値段で売るという制度です。
あれは意図的に行われているものであり、殆どの場合において、新刊は値引き等複数の値段を共存させることはないようです。

しかし、これは経済学的に言っても実感的に言っても変な話です。

どんなものでも需要と供給の関係は絡んできます
売れるものは高くなったり、供給量が多くなりますし、売れなければ叩き売りするしかありません。

売れる場合は、出版社に大量発注するから良いのですが、売れない場合はお値段据え置きで一時放置し、暫くすると出版社に返品するそうです(条件もいろいろあるようです)
ちなみにこれが委託制度です。

売れない物が値引きもされずに放置では、常識的に考えて売れるわけありません。
また、どんなに売れる商品であっても、流行り廃りが有ります。
状況にあわせて値引きしていかないと売れなくなります。

例えば、初めに100万人の人が欲しいと思っていたとしても、暫くすると多くの人が買ってしまい、欲しいと思う人は10万人ぐらいに減ってしまいます。
値段は据え置きなので、需要と供給の関係から新刊は売れなくなり、価格の低い中古本に流れてしまいます。
これでは本屋の儲けにはなりません。

どちらにしても、需給にあわせて柔軟に値段を変えていく必要があります
しかし、前述の通り制度の関係上これは難しいようです。

そこで私が考えたのは、ポイントカードを有効活用することです。
つまり、額面上の値引きをする代わりに、大量のポイントをつけるのです。

例えば1000円の売れない本に対して700ポイントくらい返還します。
このポイントは1ポイント=1円で使えるようにします。
ポイントを商品券と考えれば、売上を上げ、キャッシュフローを安定化させられ、個人から負債を作ることが可能になります

しかも、このポイントがTポイントやクレジットカードなどの流動性の高いものなら、その負債が他社に流れる可能性も有ります。

例えば本屋で発効したポイントでツタヤのビデオを借りてくれるとか。
この場合、本屋には現金が残り、ツタヤはポイント分本屋に代わってただ働きせねばなりません。

発行したポイントの多くが自社で使われない限りウハウハです
どうです、すごいでしょ。

・・・あれ、どっかで聞いたような仕組みだな。

追記:
純利益率が1%ということは、1000円の本を万引きされたら、10万円分本を売らねばならないということです。
万引きで潰れるのは当然ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取り合えず売りを継続

以前、日経平均を売りたいと言って、ショートのETFを購入したんですが、予想よりも下落しなかった為、今では含み損を出しています。

理経済:日経平均を売りたい

幸い、当時から5%程しか上がっていないので、保有中の金融株でカバー出来ているのですが5月15日までに日経平均が大幅に下落することは無さそうです。

ただ、相変わらずPERは高く、今日の時点で東1平均は300倍を越えています
日経225の平均にいたっては測定不能な状態です。

日経マネー&マーケット:株価収益率(連結決算ベース)

なお、PER=株価/一株利益=時価総額/純利益です。
その企業が、何年で今の株価分だけ稼げるかを示す指標。
時価総額分の累積利益を稼ぐのに、20倍なら20年、10倍なら10年、300倍なら300年かかるという意味です。

測定不能なのは、おそらく日経225銘柄の総純利益が赤字だからでしょう。
赤字になればPERはマイナスになります。

参考:IHI(7013)

トヨタも更なる赤字の積み増しが有りうるそうですから、今の株価水準はかなり高いと思います。

リンク: トヨタの赤字、さらに拡大? - ココログニュース

というわけで、現在保有中のETFは取り合えず継続。
株価が10000円にタッチするようなら売却ですか。
10%の損で済むなら良しとしますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咽元過ぎれば熱さを忘れる

最近、野村證券が販売している投信が人気だそうです。

 一時停止したのは「野村米国ハイ・イールド債券投信」。格付けがダブルB格以下と低い半面、利回りが高い米国の債券に投資する。
>>野村の高利回り米債券投信、販売好調で売り止め

今の金融危機のそもそもの始まりはこの行為の延長線上にあったんですが、咽元過ぎればで、もう忘れてしまっているようです。

彼らは何にどれだけ投資されているのか、ちゃんと把握しているんですかね。
把握しているなら問題ないのですが、ただ利回りだけ見て突っ込んでいるならかなり問題が有ります。

サブプライムローン系の証券化商品は、金融工学を駆使した最新の技術などといわれていますが、何のことは無い、ただの投資信託です。
所謂ファンド・オブ・ファンズです。

ファンドオブファンズとは、投資信託に投資する投資信託です。
普通の投資信託は株や債券に投資しますが、これは変わりに投信を買います。
図にするとこんな感じ。

Photo

やればやるほど、最初に何が買われたのか分からなくなります。
ここに更にオプションやら転換社債やらが入ってくると余計に分からなくなります。

ちなみにこれ、売る側にとってはかなり濡れ手に粟な商品のようです。
何せ、自分は何もしなくても投資信託を運用してくれる会社が働いてくれるんですから。
丸投げも可能です。

金融工学を利用していたのは、予想リターンの部分が主だったようですから、外見だけ見れば大して複雑ではないんですね(後、オプション系もそうですか)
問題はブラックボックス化していた中身です。

まあ、日本はサブプライムローン発祥の地であり、先物の発祥の地であり、年中バブっている国ですから、気に留めることもないのかも知れないんですけどね。

ただ、毎回変な損をしてるので海外では随分バカにされているようです。

「みずほは良い時期にサブプライムから1銭の利益も上げず、『ばば』だけをつかんだ」として、「06年末にサブプライムローンの証券化事業に参入したのは判断の誤り」と指摘した。
>>ウォール街の悪しき輸出品「CDO」-みずほFGが見た悪夢

ついこの前まで、100年に一度の金融危機と騒がれていたんですが、忘れ去られていないことを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そりゃ結婚なんて出来んよ

今日のNHK「日本の、これから」で、男女の未婚率が上がっていることについて議論していました。

日本の、これから「独身者急増!どうする“未婚社会”」

この番組で驚いたのは、女性の「男性の年収の妥協ライン」です。
調査によると、なんと
19%1000万円以上(妥協ラインです)、6割方が400万円以上だそうです。

日本の雇用形態別の年収月収は以下の通り。

雇用形態別年収

厚生労働省:平成19年賃金構造基本統計調査(全国)結果の概況:(5)雇用形態別の賃金

なんでも、男性の結婚適齢期は30歳未満だそうですから、正規だろうが非正規だろうが、殆どすべての男性が女性の眼中にないそうです。

そら未婚率も上がるわな。

それに、番組内の女性の話を聞いていると、どうも結婚後は働く気がないようです
だからこそ1000万円とか言う数字が出てくるのでしょう。

主婦は朝と夕方以外暇なのですから、アルバイトとかすればいいのにと思います。
一日10時~15時、16時~19時まで8時間も働けば、一日8000円くらいにはなります。
週5日出勤として年260日、計200万円です。
夫の収入が300万円くらいでも何とかなるでしょう(子供がいると辛いですが)

私の年間消費額を計算すると1人120万円くらいですから、切り詰めれば年150万円くらいは貯金にも廻せるでしょう。

私はつい最近まで学生でした。
授業はよく取った方ですが、それでも12,3時ごろに2時間ほど時間が空く日も有りました。

そんな日にロイヤルホストやらパパゲーノやらに行くと、35歳前後のおば様方が、12,3人の大群をなして来店している光景をよく見ました。
夫は会社でへこへこ働いている時に、妻はそのお金で井戸端会議
しかも夫は600円の社内食堂なのに、妻は1200円のイタリアンバイキング
なんだかな~。

働き口がないなら仕方がないのですが、アルバイトの口は常時かなりあります。
至る所にアルバイト募集中の張り紙が出ています。

なんか草食系男子に寄生する動物のようです。
ミギーと新一の関係みたいですかね。
女性全員がそうだとは思いませんが、これを聞いてしまうとそう思ってしまいます。

そりゃ結婚なんて出来ませんし、男性も引け腰になりますわな。

なお、明日あたりNHKオンデマンドで見逃し放送が有ると思います。
興味のある方はどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

技術の世界水準は確実に上がっている

中国と北朝鮮の間で、日本の偽札が流通していたそうです。
今日はそこから見る日本の将来についてです。

6日付の産経新聞朝刊は、中国東北部の北朝鮮との国境付近の印刷工場で製造されたとみられる偽1万円札が、中国国内などで流通していることが明らかになったと報じた。

・・・(中略)・・・

最新の「E号券」と呼ばれる1万円札で、「透かし」があり、マイクロ文字や、傾けると左右の余白部に半透明の模様が浮かび上がるパールインキも模倣した精巧な作り
>>中朝国境で偽1万円札、米ドルとの交換用に流通-産経

よく言うのは、日本のお札は世界一精巧と言うことです。
何所まで本当なのか、本当に世界一なのかは分かりませんが、非常に精巧に出来ており偽札を作り難いのは確かなようです

旅ナビ:【余談】インドのお札は日本製?!
国立造幣局:お札の偽造防止技術

これはかなり由々しき自体です。
まねとは言え、日本国の技術の粋を集めたお札がコピーされてしまったのです。
彼らの技術は、既に日本のそれに切迫してしまっているのです。

マネだろと言うのは簡単ですが、話はそう単純ではありません。
ではあなたはイナバウアーが出来ますか?
モナリザが書けますか?
マネをするにも技術がいるのです。

何所の国の製作だか知りませんが、裏の世界では日本の技術は既に追いつかれているようです。
となると、表の世界でもそう遠くないうちに追いつかれるでしょう。

一部報道では、若者はヤンキー型だとか、日本は工夫の国ですとか、かなり情緒的なことを言っていますが、現実はそんな悠長なことを言っていられるほど遅くはないのです。

そうなると問題なのは、技術立国として成り立ってきた日本という国の、特に雇用です。
新興国の技術が日本と比べて遜色ないまでに発展しているのであれば、日本の企業は其方に収益を圧迫されることになります。

ブランドのランキングでもソニーはサムスンに負けており、確実に収益の一部を奪われています。
収益が圧迫されれば雇用だって守れません。
この国からどんどん雇用が奪われることになるでしょう。

かつてアメリカと言う国は、日本という工業系新興国からの追い上げにあい、自動車産業などの工業が痛い思いをしました。
彼らは金融業に活路を見出し、見放された自動車産業は巨大な雇用を維持しながらも、苦境にあえぎ、遂には倒産してしまいました。

私には、ビッグ3の姿が日本の姿と重なって見えて仕方ありません
エコノミストや政治家は、アメリカの事を心配しているようですが、それより先に日本のことをまず心配すべきだと思います

怖いのは、この国の将来をになうべき優秀な人材が、それを見越して出て行ったしまうのではないかと言うことと、以前にも提唱した「世界的過疎化」です。

前述の通り、社会の雰囲気はどうにも情緒的でやたらと精神論が取り沙汰されます。
やれ汗水たらせだとか、やれ将来も安心できるだとかそんなことばかりです。

しかし、現実は確実に迫っています。
危機感から一歩踏み出そうとしたときに、汗水たらせとか若い者は忍耐が足りないとか言われて足を引っ張られてはかないません。
自分で活路を切り開く人ほど居心地が悪くなってしまいます
そういう人はどんどん外へ外へと出て行ってしまうでしょう。

理経済:最近の若者

また、国内の雇用が失われた場合、都市の過疎化と同様に、生活に苦しい人は出稼ぎに出てしまうでしょう。
残るのは地元嗜好の人と、もう働けない年寄りばかり。
需要も縮小しますから、ろくな店もありません。
地元の職も農協とか郵便局と極めて限られてしまい、賃金も雇用枠もないので子供も生まれません。

これが国家を超えて起こってくる。
私はそう考えています。

理系済:世界的過疎化(Global Underpopulation)

国内の雇用が失われれば、人口の縮小か外国に出稼ぎしかありません。
既にその片鱗は日本の地方都市や少子高齢化など、あちらこちらに出ています。

今考えるべきことは、サブプライムローンや精神論もさることながら、まずは現実をよくよく見つめることが必要なのではないでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

変な写真

ロイターの記事にちょっと気になる写真が載っていました。

バーナンキ

元ネタはこの記事
もうちょっと下のほうを写してあげなよ・・・
まるでさらし首かゆっくりバーナンキです。

誰かこれをネタに実在の人物でゆっくりを書いてくれないかな。

追記:ゆっくりバーナンキ(自作)

ゆっくりバーナンキ

私の画力ではこれが限界ですsweat02

上手いゆっくり↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の若者

今日のWBSで、最近の若者がかなりケチョンケチョンに言われていました。
高望みしないだとか、出来る範囲でしかやらないとか、かなりこっ酷く言われていました。

今年の新入社員は草食系」と言われるように、確かに安定志向の同僚はいます。
また、残念ながら沸騰都市に出てきた新興国の方々のようなハングリー精神は感じません

多くの同僚は、確かに向上心は有るのですが、彼らほどすごくはありません
尤も、日本に来ている外国人労働者からも、今の所そこまでは感じませんが(外国に勉強に来ているだけ余程マシですが)

理経済:深まる新興国と先進国の溝

ただ、そうでない人も確かにいます。
少数派では有りますが、瞳の奥に野心が見え隠れする人も時々います
しかし、どうも社会全体が暗いムードになっており、そういう野心的な若者を押さえつけている気がします。

テレビでは、「こんな若者に未来を託せるのか?」と言っていましたが、寧ろ「老年層が優れた若者に捨てられてしまうのでは」と思ってしまいます。
自分をいじめた人たちを背負いたいとは、普通思わないでしょうから。

前にも、若者が日本の大学ではなくハーバードなどの海外に逃げてしまう事もあるという報道が有りました。

ベネッセ:ハーバード大学をはじめとする海外トップ大学を志望する高校生のための進学塾 PDF

若者に託すのはいいんですが、そういう現実を見て、自分達もそれなりに魅力的な社会作りをしていかないと、気付いた時には海外に優れた人材をすべて取られてしまうかもしれません

Espresso Diary@信州松本の斉藤さんが、ブログで散々「外向きに」と強調しています。

Espresso Diary@信州松本:戻る新興国の株価。内向きな日本は苦しい。

時々思うのは、どうもこの国の中にも、いたるところに温度差が有り、温度が高い所は熱拡散よろしく外へ外へと拡散している気がします。

国全体が外向きになるのも重要ですが、それに並行して(平衡と書くべきですか)内から生まれた熱を逃がさないようにする事も必要だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月の成績

4月の投資リターンが出ました。
今回はAIGでの失敗でガックリ。
指数と五十歩百歩ですな。

4

為替調整無し

4_2

為替調整有り

しかし、先物の日経平均は既に9000円を越えており、おそらくPER換算で900倍超でしょう。
下手をすると1000倍を越えているかもしれません。

日経ショートの方は下がり気味で、リターンの足を引っ張っていますが、買い持ちオンリーはチキンな私にはとてもとても。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iphoneのマップ機能

最近就職した関係で、見知らぬ土地に行くことが多くなりました。
その時に役に立つのがiPhoneのマップ機能。
企業名やカテゴリー(例えば電器店)と入れると、近場の店舗がすぐさま検索できます。

ただ、自身の位置を教えないと使い難い為、個人情報(?)を出さざるを得ないのが難点です。
しかも電池をガリガリ消費する為、多用するとしっぺ返しを食らいます。
ロードも遅いし。

たまに使うぐらいがちょうどいいですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老人とインターネット

最近、ある講義で小売業の売上について議論しました。
そこで、電子商取引について面白いデータを見つけましたので、ここから売上アップ法について書かせていただきます。

総務省:平成20年「通信利用動向調査」の結果 PDF

さて、これを見ると携帯電話とインターネットは、既に国民に広く普及していることが分かります。

特に、携帯電話の普及率は95%超と、殆ど全国民が持っていることになります情報通信機器の普及率の推移(世帯)

しかしこの資料のP3辺りを見ると、65歳以上の老年層はインターネットに触れる機会があまり無い様で、みな4割を切っています。
最近は携帯電話でインターネットにアクセスできますから、老年層はインターネットをやらないかできないのどちらかと言うことになります。

65歳以上の世代はとっても金持ちです。
彼らの消費を促し、自社のそれに引き込む事は、マーケティング戦略上とても重要なことなのは言うまでもありません。

世界四季報:個人金融資産1400兆円は埋蔵金なのか

とすると、彼らを勧誘するのに一番手っ取り早いのは、インターネットによる取引を促す事です。

彼らは殆どインターネットに触れていないのですから、ネット伝いの商取引なんて、した事がないでしょう。
逆に言えばそれだけ伸びしろが有るわけです。

これより、老人向けの簡単なシステムを作れば儲かりやすいと言うことになります。
また、ネット通販は家まで届けてくれるので、体力のない老人にはとても都合がいいです。

よって、今後は老年層の取り込みがドットコム企業や小売業には大事になって来るでしょう。

続きを読む "老人とインターネット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

資格を取ろうと思います。

簿記の資格を取ろうと思います。
取り合えず3級で肩慣らし。
6月のテストに向けて勉強中。

以前、ミクシィで公言して自身を追い詰めた所、効果があったので今回も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GMの救済を予想

皆様今晩は、お久しぶりです。
やっとPCが復活しましたのでブログを再開させていただきます。

さて、今回の話題はGMについてです。

皆様もご存知の通り、先日ビッグ3の一角であるクライスラーが沈没しました。

ビッグスリー(米自動車3大メーカー)の一角が初めて破綻(はたん)に追い込まれた。
>>クライスラー破産申請、スピード再建めざす

個人的には、債務の多いGMの方が先に潰れると思いましたから、ちょっと意外でした。

理経済:マジでGMが潰れそう

しかし、何れにせよクライスラーが破綻に加え、半ば強制(吸収)合併されました。
これにより、失業率などが上昇するでしょうし、社会の雰囲気的に大企業を救済した方が良いのではとなるでしょうから、GMやフォードは救済対象となるでしょう。
GMがそれまで持つのかどうかは疑問ですが。

市場の方は大した反応もなく、日本株は寧ろ上昇気味ですが、私はこの状況が長くは続かないと思います。
日本株の東一連結PERは遂に868.81倍となってしまいました。
これはバブル崩壊後に企業が赤字を垂れ流しまくった時と、ほぼ同じです。

GCオプティキャスト:東1連結PER

以前私が売りたいと言った時と今の株価はほぼ同じです。

理経済:日経平均を売りたい

しかし、PERはその時から700倍ポイントも増えています
決算が予想値より酷かったんでしょう。
リーマンやベア・スターンズの時もそうでしたが、市場に既に楽観的なムードが漂っているようです。

市場の楽観主義が高まると問題になるのは、GMの救済が遅れる可能性があることです。
株価がガッツリ下がれば、マーケットによる催促として、リーマン時のトラウマが蘇るでしょうが、現在のような雰囲気だと中々そうはいかないでしょう。

仮にGMが潰れれば、失業率はある時を境に急激に高まるでしょう
雇用は少しずつ無くなる訳ではなく、複数の工場を潰すなど、ある時期に一気に首切りを行われるからです。

クライスラーも大幅な首切りを考えているようですから、これが統計に載る時は突然載る事になるでしょう。
先手を打っていかないと、気付いた時には手遅れになりそうです。
政府が再建を急いでいるのはその為なのかもしれません。

その辺は政府も分かっているでしょう。
見せしめも一社作りましたから、取り合えず示しはついたはずですから、残ったGMには支援をすると思います。
あとは市場からの援護射撃があることを期待します。

追記:
先日、日経平均レバ2倍ショートを買いました。
売買高が薄い為、ぜんぜん連動しません。
駄目じゃん。

UltraShort MSCI Japan ProShares (EWV)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

復活の呪文が成功

やっとPCが復旧しました。
今夜から通常通り更新いたしますので、よろしくお願いします。
直ってよかったワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »