« お知らせ | トップページ | 天子のネタキャラ覚醒 »

日本株の特徴

今日の日経平均株価は下落しています。

8日の東京株式市場で日経平均株価が続落した。大引けは前日比円237円84銭(2.69%)安の8595円01銭だった。7日の米株安を受け、世界的な景気悪化に対する警戒感が再燃したほか、4月に入って堅調だった反動で利益確定の売りが広がった。
>>日経平均続落、237円安 利益確定の売り広がる

先日追記したとおり、現在日経平均のPERは鰻登り
東証一部の連結ベースPERは、昨日の段階で122倍(通常は20倍位)と異常値。
額面通りに捉えれば、株式益回りは0.82%となっており日本国債の利回りより低くなっています。

最近は円安な為決算の上ぶれ期待が有るのでしょうが、円安であるならなおの事米国債(2.9%位)などの外債を買った方が合理的でしょう。
シャープの決算を見る限り、決算に特に期待も出来ません。

日本株は、昔からバブリーになりやすく、上がる時に一気に上がり、下がる時は一気に下がるように感じます。
今回もそうなるような気がします。

mixi:投機について テクニカル編

|

« お知らせ | トップページ | 天子のネタキャラ覚醒 »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/44607603

この記事へのトラックバック一覧です: 日本株の特徴:

« お知らせ | トップページ | 天子のネタキャラ覚醒 »