« 日本と世界の不思議な関係 | トップページ | 就業規則の壁 »

日経平均を売りたい

先日から書いている通り、最近の日経平均株価はかなり異常な値です。
PERにせよ騰落レシオにせよ、高値を警告する水準です。

日経225東証1部PER 090410

GCオプティキャスト - 指標【東1連結PER】

これは日経平均の東証1部の平均PERです。
信用貸借倍率は全体的に低めで、トヨタ自動車は0.22倍と、買いサインでは有りますが、
短期的な下落は有ると思います。

難しいのはタイミングですが、おそらく決算発表の日程を睨んででしょうから、少なくとも5月31日15日までには落ちると思います。
と言うわけで、日経平均の売りポジションを取りたいと思います。

学生時代なら何にも気にせず取引したんですが、社会人になった為、労働規約とにらめっこです。
しかし、インサイダーの危険が少ないインデックス系は多分大丈夫でしょう(確認はしますよ、断っておきますが)
銀行とかでも許していますし。

個人的には借金を背負いかねない信用取引は好きではないので、プットオプションを買いたいと思います。
限月は6,7月を考えています。

なお、米国で取引できる人は日本株ショートのETFが有ります
レバレッジは3倍までしかありませんが、限月や時間的価値の減少がないのが強み。

ProFunds UltraShort Japan Inv (UKPIX)

勿論、日経平均ETFのオプションも有ります。
ただ、オプションの手数料は日本のほうが安いです。

iShares MSCI Japan Index (EWJ) オプション

オプションは先物と違い、取引量が少ないので、成行注文する時は気を付けてください。

4月10日終値:8964.11円

追記:
久々にオプション用の口座にログインしようとしたら、アカウントをロックされていました。
仕方ないので新しく別の証券会社で口座を開設することに。
金融商品取引法のおかげで、やたらと変な質問をされるようになりました。

ここでどうしても納得できないのが、投資目的の項目。
「安定重視」と選択した所、オプションの口座開設の場合は「収益目的」でないと開設できないそうです。

しかし、本来オプションはリスクを軽減する為に使われるべきものです。
オプションの身近な例としては、掛け捨て型の生命保険です。
生命保険は死亡のリスクをヘッジ(保険)するための金融商品です。
安定重視で、将来に不安がある人ほど使うはずなんですが。

お偉いさんの感覚がずれているのか、やっているほうがずれているのか・・・
ま、両方ですかね。

なお、先日の4月7日の記事にFXの日間取引量が高水準になっていると言うものが有りました。

 豪ドルなど上昇幅の大きい通貨が大幅に買われたほか、ドルの下落を見込んで売りから始める取引も好調だった。「取引倍率を高めて、少ない元手で大きな金額を売買する投資家が増えているのが最近の特徴」(東京金融取引所)という。
>>個人の外貨取引量、半年ぶり高水準に 「くりっく365」

全然懲りてないorz

|

« 日本と世界の不思議な関係 | トップページ | 就業規則の壁 »

投資」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/44648403

この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均を売りたい:

« 日本と世界の不思議な関係 | トップページ | 就業規則の壁 »