« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

マジで潰れた

クライスラーが本当に潰れた模様。
これでGMは救われましたな。

余談ですがPCは2日ごろ治る予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト

PCが使えないので、iphoneからの投稿です。
やっぱ無理かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輸出という指標

最近、輸出に関する落ち込みや復活が色々言われています。

財務省が22日発表した貿易統計速報(通関ベース)によると、外需不振で自動車や電子部品などの輸出が大幅に落ち込み、輸出額から輸入額を差し引いた平成20年度の貿易収支は7253億円のマイナスとなり昭和55年度以来、28年ぶりの貿易赤字に転落した。
>>直近は輸出持ち直しの兆候も 28年ぶり貿易赤字

しかし、色々見ていてふと思うのは、「そもそも輸出って何?どういう意味があるの?」と言うことです。
今回は「輸出」という指標に対する考察です。

そもそも、輸出とは何なのでしょうか?
関税法第2条2項を見ると、以下のように書かれています。

輸出」とは、内国貨物を外国に向けて送り出すことをいう。

内国貨物」とは、本邦にある貨物で外国貨物でないもの及び本邦の船舶により公海で採捕された水産物をいう。

>>法令データ提供システム:関税法第2条2項、4項

イメージ通りの定義ですが、重要なのは、この文言だと商品などを国外に出さなければ輸出にはならないということです。

就職してから都心で働いているのですが、コンビニや居酒屋、マクドナルドなどに行くと結構外国人がいます。
アルバイトも中国人や韓国人が多いですし、同僚の中にも外国人も数名います。
外国人の比率は中々に高いです。

先日フィリピンの不法滞在の家族が強制退去させられていました。
往々にしてこの手の話は氷山の一角ですから、国内にはかなりの不法滞在者がいるのでしょう。
更に、日系ブラジル人等が派遣社員や研修生の形で紛れ込んでいますから、この比率は更に高まるでしょう。

では彼らの国内での消費は輸出になるのでしょうか?
普通に考えてなりませんし、定義的にもなりません。
しかし、彼らは確かに日本の車を買い、日本のマクドナルドでハンバーガーを食べ、日本のGDPを押し上げています

日本の報道を見ていると、輸出が減るとすぐに景気が悪いと言います。

確かに近頃上昇額が大きいので、これが減ると影響力があるのは分かります。
しかし前述のように、海外から来た人がGDPを押し上げているわけですから、この指標だけで日本の経済を占うのは、最早無理があるのではないでしょうか
純輸出がGDPに占める割合は、たったの5%です。

GDP内訳(07年度)

内閣府:国内総生産(支出側)及び各需要項目 - 実額・実質年度
GDP・景気・経済 SITE

たとえ輸出が下がっても、税収が増えて社会保障がよくなり、国債の残高が減れば、国民も政府も万々歳です。
そう考えれば、輸出と言う指標の捉え方を、考え直す時期なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

いつも、当ブログを御覧いただき、有難う御座います。
所要でばたばたしている為、ちょっと(多分5月頭位まで)ブログの更新が滞ると思われます。
ご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

起業しないかと誘われた

先日、大学時代の友人と会って色々話したのですが、そこで「将来起業する時に、こない?」と誘われました。
今日は、起業に対する最近の若者の考え方についての話です。

さてこの友人、私同様の物理屋で、大学院に行っているます。
このため、今ちょうど就職活動中で取り合えず内々定が貰ったそうです。
しかし、この人はもう起業する予定だそうです

曰く、「会社でスキルアップして、起業する。そして自分のやりたい仕事をする」だそうです。
私自身もそうですが、正直40年もの間、同じ会社に居るかどうかは分かりません。
長い間に環境が激変するかもしれないからです。
会社の同期も、その半数は起業や転職を考えていました

よく若者が辞める理由として、終身雇用が崩れたからと言われます。
しかし働き始めて思ったのですが、どうもそういうことではなく、環境の変化に敏感になった、賢くなったからのようです。

私はある大企業に入社し、潰れる可能性もかなり低いです。
その友人も大企業に内定しています。
普通に考えれば、十分終身で働ける待遇です。

しかし、40年もの間に何が起こるかわかりません。
それはリストラなどの悪い意味だけではなく、例えば今のような非常に大きなチャンスが舞い降りることもありえます

もしその時がくれば、自身の労働力や溜め込んだ技術をここぞとばかりに投資したい、
そう思っているように感じます。
ある一分野に集中投資するわけですから、図体の大きい企業ではなかなか難しいことです。

私自身、チャンスがあればやってみたいと思いますし、この起業提案も(まあ冗談半分でしょうが)状況次第では飲んでもいいと思っています。
両親は悲しむかもしれませんが、「自分の可能性を試したい」わけです。

やる気の無い若者も結構います。
しかし、知らず知らずに投資戦略を練って、チャンスを伺っている若者も結構います。
今更ながら、日本にもフロンティア精神が芽生えたのかもしれません

なお、余談ですが私がもし起業するなら、農業か農業に対する投資を行うファンドがいいです。
長い目で見て、お金の価値はどんどん落ちると思うからです。

理経済:AIGは潰した方がいい - 双子の赤字問題

そういえば、世界四季報のsu-Zさんも起業するとかしないとか言っていた様な。
その時は皆でやりますか(悪乗りしました、ごめんなさい)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

金融規制は取引ルールにすべき

最近何かと話題になる金融規制ですが、どうすべきかと言うことへの個人的意見です。
なお、最近の議論で出ているものはこんな感じです。

  1. 銀行の自己資本規制
  2. タックスヘイブンやヘッジファンドの監督強化
  3. デリバティブ取引の集中決済方式の導入

などが言われています。

大和総研HD コラム - 最近の金融規制議論について

一ヶ月前、あるルール、規制の復活が議会で議論されることとなりました。
アップティックルール」です。

米上院のカフマン議員(民主党)とアイザクソン議員(共和党)は(3月)16日、直近の約定価格を下回る水準での空売りを禁じる「アップティックルール」の再導入に向け法案を提出した。カフマン議員がロイターのインタビューで明らかにした。
>>米上院議員、空売り規制「アップティックルール」再導入へ法案提出

要するに、空売りによる集中攻撃を禁止するルールです。
株などのオークション方式の値決めでは、売れば売るほど価格は下がります。
空売りでも実需売りでも、売られたらそれだけ下げ圧力になります

ヘッジファンドや投資銀行が、金に物を言わせて一気に売り叩くと、バナナのたたき売りが如く、株価は急落します。
寄り付きもしないで、ライブドアのようなナイアガラになる可能性も有ります。
しかし、このアップティックルールがあると、この内の空売りに強いブレーキをかけることになります。

直近より高くないと空売りできない為、自発的な反発を待ってからでないと売れませんから、兎に角空売りすればよいと言うことではなくなります。

さて、この報道の結果がどうなったかと言うと、こうなっています(画像が上手くは入らん・・・)

ダウ30種

大底を打った為かもしれませんが、ルールの提案以降、上昇傾向になっています。

私は、このアップティックルールのような取引手法に制限をかける方法の金融規制が望ましいと思います。
商品開発は常に行われており、どんどん形を変えて、同じような商品が違うラベルで売られています
ですから商品に規制をかけるのはあまり意味がないでしょう。

例えば自己資本比率の規制を引き上げようとしているようですが、CDSのような商品を、ラベルを変えて発売し、「これがあれば、負債も自己資本に勘定できるようになります」とすれば、自己資本規制は意味をなくすでしょう。
今回のAIGもこれに似たような状況だったようです。

紺ガエルとの生活:「なぜ世界は不況に陥ったのか 集中講義・金融危機と経済学」を読了

またデリバティブの規制についても、例えば買ったり作ったりしたデリバティブを、自前で作ったペーパーカンパニーに押し込み、これの株式を売却すると言う手法を使えば、株の規制は受けても、デリバティブの規制は受けなくなるでしょう(中身が分からないのは株式会社も変わらないと思います)

結局、法の抜け穴を通って粗悪商品が出回り、経済の実態を覆いつくし、また今回のような事態を引き起こすと思います。
いつの世でも頭の良い人はいるものです。
すべての商品を封印できない以上、商品の規制は必ず穴が出来てしまいます

一方、取引ルールは時がたっても殆ど変化していません
現在は主にオークション方式であり、相対であれマーケットメイクであれ、市場の需給によって値が決まります。
金融危機で対比される1929年も、オークション方式で値決めしていました。
80年経っても取引方法は変わっていないんですね。

ですから、私はこの取引ルールに手を加える方が、良くも悪くも影響力が有ると思います。
諸刃の刃ですが、行き過ぎた金融市場を直すと言うのならば、おかしな話でもないでしょう。

ただ、これはかなり奇抜な発想が必要でしょうから、残念ながら私の頭には浮かびません。
しかし、この方向で皆で頭をつき合わせるのが最も合理的に、より長い間事態を沈静化できると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法律にもリーダーシップを 追記

先日書いたエントリーの追記です。
世の中の問題を、マンガで分かりやすく、かつ如何に理不尽かを書いている本があるので、ご紹介します。

理経済:法律にもリーダーシップを

モンキーピープル 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)
釋 英勝
集英社
2005-11-18

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

見ていて、腹立たしくなってしまいます。
登場人物をひっぱたきたい。
しかし、現実はこれと同じくらい理不尽なことも有ります。
テレビには出ませんが、確かに存在します。

Wikipedia - 光市母子殺害事件

時には判例をひっくり返すような、大岡裁きをして欲しいと思います。
時が過ぎるごとに人も文化も変化していくものですから、過去を捨てる必要はありませんが、変化させていく必要は有ると思います。

新HAPPY PEOPLE 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)
釋 英勝
集英社
1996-03

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝

最近、色々な人が来てくれて嬉しい限りです。
このブログもそろそろ5ヶ月経ちますが、最初は訪問してくださる方々も10人くらいでしたが、最近では50人くらいに増えました。
本当に有難う御座います。

" °・:,。★\( ´_ゝ`)♪ありがとう♪(´ι _`  )/★,。・:・° "

| | コメント (3) | トラックバック (0)

法律にもリーダーシップを

先日、防衛医大の先生の痴漢疑惑事件が最高裁で逆転無罪となりました。
聞くと4年くらいの間、ずっと争っていたそうです。

映画「それでもボクはやってない」でも有りましたが、実際問題として痴漢は誰がやったのかはよく分からないそうで、前々から冤罪気味なスピード判決が問題視されていました。
私も社会人になって、朝の山手線に乗っていますが、確かに誰が何をしているかなんてわかりません。
仕方がないので、本を両手に持って他人の迷惑顧みず満員電車の中で読んでいます。
捕まるよりは白い目で見られるほうがマシだからです。

今の痴漢問題は、単なる迷惑行為ではなく、女性が抜き身の包丁を振り回しているくらい、危険な状態になっています。

女性が電車内での虚偽の痴漢被害を申告する動機としては,一般的に,①示談金の喝取目的,②相手方から車内での言動を注意された等のトラブルの腹癒せ,③痴漢被害に遭う人物であるとの自己顕示,④加害者を作り出し,その困惑を喜ぶ愉快犯
>>最高裁判決

腹いせで人生滅茶苦茶にされるんですから、たまりません。

被害者、多くの場合は女性でしょう。
その中にもこういう悪いことをする人もいるんです。
一方で、男性が被害にあっても、おそらく相手にされないでしょう。
今や痴漢問題は、男女の溝を大きくする社会的問題なんです。

法律に強い酔うぞさんがこの事件について判決文を載せています。

酔うぞの遠めがね - 御殿場事件・驚愕の一審判決を最高裁が是認

これを見ると、最高裁判事の中でも守旧派と改革派に分かれている感が有ります。
映画中にも有りましたが、日本は判例主義の為、今までの痴漢裁判の多くが有罪になってきたことを引きずっているように見えます。
以前にもFX取引の裁判で、前例にならった不思議な判決が有りました。

また、最高裁の役割である法律審に強く拘っており、そこから抜けることには随分抵抗があるような口ぶりです。

私は、最高裁にこそリーダーシップを取って決断して欲しいと思います。
高裁は複数有りますが、最高裁は文字通り一つしかありません
事実審とか法律審とか関係なく、世の中が注目している事例には、司法の強い姿勢を見せてもいいと思います。

今、日本は多様化しています。
ネットで様々な情報を知れるようになり、金融市場は昔よりも遥かに複雑化し、知的財産はかつてないほど注目されるようになりました。
特に日本のインサイダーやJパワーなどの経済問題は、海外から失笑をされています。

全部やれとは言いませんが、例えば青色ダイオードやインサイダーなど、注目度の高い案件では、リーダーシップを取って、決断をしてもいいと思います。

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]
東宝
2007-08-10
平均評価点4.5

by [Z]ZAPAnetサーチ2.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聞くと見るとは大違い

先日、ロイターで「世界で最も倫理的な企業」の記事が書かれていました。

企業倫理や企業の社会的責任(CSR)を専門とする国際的シンクタンク、米エシスフィア・インスティテュートが13日、今年で3回目となる世界で最も倫理的な企業99社を発表した。・・・日本からはトヨタ自動車リコー花王損害保険ジャパン日本郵船の5社が入った。
>>世界で最も倫理的な企業99社、日本はトヨタなど5社

海外の人がこれだけ聞くと、トヨタやリコーは物凄い良い会社に思えるでしょう。
しかし、国内にいると彼らの悪評はよく耳にします。

例えば、トヨタやリコーは派遣切りで有名ですし、損保ジャパンは保険金の不払いで問題になりました。

J-CAST:損保ジャパン 保険金不払いで584人処分
「ユニオン」と「労働ニュース」アーカイブ:解読エコノミー:雇用を占う「09年問題」【毎日新聞】

また、以前日本郵船のIRで聞いたのですが、彼らの会社の女性管理職は1割に満たないそうです。
女性には辛く当たっているんですね。

花王については特に聞きませんが、少なくとも他の4社は結構不道徳なことをしているように思えます。
粗探しといわれればそれまでですが、現実と風評にギャップを感じずにいられません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

時計を付けてみました。

ブログ用のフラッシュ時計を付けてみました。
画像はここてつ氏の絵を使ったものです(一応公認)

バロックリミッター

絵を大きく見せる為に時計の分針が見切れていますが、気にするのは無粋です。
30秒に1回瞬き、1分に1回耳を動かすそうです。
個人的にはけねもこの時計の方が良かったのですが、自分でやらないのだから文句は言えませんな。
次に期待。

最近ブログの趣味色が強くなった気が・・・
昔の記事とは豪い違いです。
ま、いっか。

今後のブログ方針について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抜け目の無い連中

相変わらず市場に君臨し続ける、ラスボス系証券会社が、この株高に乗っかって公募増資です。

4月14日:資産規模で米銀6位のゴールドマン・サックス・グループは、ウォール街で最も楽観的なアナリスト予想を上回った2009年1-3月(第1四半期)の黒字決算や年初来54%の株価上昇を追い風に、50億ドル(約5000億円)を調達して米政府に公的資金を返済し、同政府が課す幹部報酬制限を脱却する計画だ。
>>米ゴールドマン:50億ドル調達へ、公的資金返済で報酬制限脱却

抜け目無いですな、ホント。

記事にもあるとおり、ゴールドマンの株価は年初来飛ばしています。
ゴールドマンに限らず、銀行株もここ1月ほど飛ばし気味ですし、S&Pも結構上昇しています。

Google finance - Financial

一部の情報によると、S&Pの予想PERは58倍とか。
正確な情報源ではないので信頼性は低いですが、日本が100倍超えてますから、強ち嘘ではないのでしょう。

そう考えると、この株高は短期的なものでしょうから、相場師から見れば絶好の売り時と言うわけです。
ウォール街の主は好機と見て、自身の株を売り抜ける腹積もりのようです。
しかも前倒しの好決算と合わせての為、増資にも拘らず急騰しました

昔、ブラックストーンという投資会社がIPOをしました。
中国政府が30億$を出資するなど、ニュースでも話題独占の巨大ファンドでした。
満を持してIPOをしたわけなのですが、この時、外国株ひろばの踏み上げ太郎さんがこんな事を言っていました。

投資の世界でやってはいけないことのひとつに自分より腕の立つ投資家の反対側のトランスアクションをしてはいけないということがあります。
例えばウォーレン・バフェットが買っているものを自分が売り向かってはいけない。
いまブラックストーンシュウォルツマンがIPOするということは自分の会社を処分、つまり売りに出しているわけです。
我々より遥かに投資が上手い人間が「そろそろ潮時だな」と思って下々のものどもに黄金の砂塵をパラパラとばら撒いているのをみて、そのご利益に与りたいと馳せ参じるのはしろうとのやることです。

>>Be careful what you wish for.

事実、ブラックストーンの株価が初値を越えた事は、未だにありません。
現在は初値の2割程まで落ち込んでいます。

ゴールドマンは見ていてムカムカしますし、レーティング詐欺の常習犯ですし、やたらと高給取りですし・・・アーダコーダ・・・。
しかし、悔しいですが投資の腕は確かだと思います。
サブプライムローンを空売りしていたり、バフェットから出資を引き出したりと、他の投資銀行をよそに相変わらず市場に君臨しています。

そんな彼らが今、自社の株を売り向かっています
決算の前倒しなど、急いでいる感も有ります。
彼らの腕を信じ、プロというのであれば、反対の行動はとるべきでは無いと思います。

私は、投資家を振り回しても自分の事には熱心な彼らの、その抜け目の無さを信じています。
正直イヤですが(´~`)

The Blackstone Group (BX)
特色:世界最大級の上場投資会社
連結売上高(2008/12/31)
14.8億$
時価総額(2009/04/13)
20.8億$
株価
7.80$

BX

Goldman Sachs Group Inc. (GS)
特色:金融市場の裏ボス
連結売上高(2008/11/28)
536億$
時価総額(2009/04/13)
601億$
株価
130.15$

Goldman Sachs Group Inc.

しかし、営業利益率63%ってsweat02
どれだけあこぎなんだか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

就業規則の壁

昨日のエントリーで、日経平均のオプションを売ると書きました。
ところがドッコイ、なんと就業規則で禁止っぽいのです。

理経済:日経平均を売りたい

さて、問題なのはこの「ぽい」の部分で、規約をよくよく読むと、どうも指数のオプションに関しては、ギリギリ大丈夫なようなのです。

規則によると、インサイダー取引防止の為に「金融商品取引法第163条第1項」で定める「特定有価証券」の売買を禁止しています。
この第163条を、長いのですが引用します。

第百六十三条

 第二条第一項第五号、第七号又は第九号に掲げる有価証券で
金融商品取引所に上場されているもの、店頭売買有価証券又は取扱有価証券に該当するものその他の政令で定める有価証券の発行者の役員及び主要株主は、
自己の計算において当該上場会社等の同項第五号、第七号若しくは第九号に掲げる有価証券その他の政令で定める有価証券(以下この条から第百六十六条までにおいて「特定有価証券」という。)又は当該上場会社等の特定有価証券に係るオプションを表示する同項第十九号に掲げる有価証券その他の政令で定める有価証券(以下この項において「関連有価証券」という。)に係る買付け等又は売付け等をした場合には、
内閣府令で定めるところにより、その売買その他の取引に関する報告書を売買等があつた日の属する月の翌月十五日までに、内閣総理大臣に提出しなければならない。
ただし、買付け等又は売付け等の態様その他の事情を勘案して内閣府令で定める場合は、この限りでない。
>>法令データ提供システム - 金融商品取引法第163条第1項

括弧書きは混乱の基なので、殆ど消してあります。
正確な文章が知りたい人はリンクから原文に当たってください。
文章中の「第二条第一項第五号、第七号又は第九号に掲げる有価証券」とは以下の三つです。

  • 社債
  • 協同組織金融機関の優先出資
  • 株券又は新株予約権証券

私の勤める会社は、この「特定有価証券」を原則禁止しています

しかし、上場会社の社債やオプションは禁止されるとして、日経平均等の指数のオプションについてはこれを読んでもよく分かりません。
と言うか、額面どおりに受け取れば多分大丈夫です。

更に問題なのは、先日紹介した「iShares MSCI Japan Index (EWJ)」は上場型投信(ETF)ですから投資信託です。
これのオプションとなると、更に話はややこしくなります。

法律解釈で厄介な「等」や「政令で定める」が多いのも悩みの種。
裁判になったら勝つか負けるかはかなり怪しいです。
ネットの海には専門の方も居ますので、是非とも御教授願いたいものです。

酔うぞの遠めがね
Archives

取り合えず、今回の下落は見送ります(´Д⊂グスン
新人なんで、取り合えずは「李下に冠を正さず」です。

なんか、中国株以来ぜんぜん有言実行できませんね。
早くも鬱だ_| ̄|○ 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経平均を売りたい

先日から書いている通り、最近の日経平均株価はかなり異常な値です。
PERにせよ騰落レシオにせよ、高値を警告する水準です。

日経225東証1部PER 090410

GCオプティキャスト - 指標【東1連結PER】

これは日経平均の東証1部の平均PERです。
信用貸借倍率は全体的に低めで、トヨタ自動車は0.22倍と、買いサインでは有りますが、
短期的な下落は有ると思います。

難しいのはタイミングですが、おそらく決算発表の日程を睨んででしょうから、少なくとも5月31日15日までには落ちると思います。
と言うわけで、日経平均の売りポジションを取りたいと思います。

学生時代なら何にも気にせず取引したんですが、社会人になった為、労働規約とにらめっこです。
しかし、インサイダーの危険が少ないインデックス系は多分大丈夫でしょう(確認はしますよ、断っておきますが)
銀行とかでも許していますし。

個人的には借金を背負いかねない信用取引は好きではないので、プットオプションを買いたいと思います。
限月は6,7月を考えています。

なお、米国で取引できる人は日本株ショートのETFが有ります
レバレッジは3倍までしかありませんが、限月や時間的価値の減少がないのが強み。

ProFunds UltraShort Japan Inv (UKPIX)

勿論、日経平均ETFのオプションも有ります。
ただ、オプションの手数料は日本のほうが安いです。

iShares MSCI Japan Index (EWJ) オプション

オプションは先物と違い、取引量が少ないので、成行注文する時は気を付けてください。

4月10日終値:8964.11円

追記:
久々にオプション用の口座にログインしようとしたら、アカウントをロックされていました。
仕方ないので新しく別の証券会社で口座を開設することに。
金融商品取引法のおかげで、やたらと変な質問をされるようになりました。

ここでどうしても納得できないのが、投資目的の項目。
「安定重視」と選択した所、オプションの口座開設の場合は「収益目的」でないと開設できないそうです。

しかし、本来オプションはリスクを軽減する為に使われるべきものです。
オプションの身近な例としては、掛け捨て型の生命保険です。
生命保険は死亡のリスクをヘッジ(保険)するための金融商品です。
安定重視で、将来に不安がある人ほど使うはずなんですが。

お偉いさんの感覚がずれているのか、やっているほうがずれているのか・・・
ま、両方ですかね。

なお、先日の4月7日の記事にFXの日間取引量が高水準になっていると言うものが有りました。

 豪ドルなど上昇幅の大きい通貨が大幅に買われたほか、ドルの下落を見込んで売りから始める取引も好調だった。「取引倍率を高めて、少ない元手で大きな金額を売買する投資家が増えているのが最近の特徴」(東京金融取引所)という。
>>個人の外貨取引量、半年ぶり高水準に 「くりっく365」

全然懲りてないorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本と世界の不思議な関係

以前からよく思っていたのですが、日本の景気と世界の景気は数ヶ月、或いは数年ずれて連動しているように思えます。
特に悪い場合。

この前、NHKの「その時歴史は動いた ~経済危機、世界を揺るがす~」で、1929年の世界恐慌前後の話をしていました。
これによると世界恐慌の数年前に、日本は関東大震災と昭和金融恐慌に見舞われ経済が全体的に疲弊していました。

その後、アメリカも株価の下落を切欠に恐慌へ。
各国も同様に景気が悪化しブロック経済に突入し、その後第2次大戦へと向かいました。
これにより終戦まで泥沼状態、経済も停滞気味だったようです。

Dow Jones Industrial Average (^DJI)

開始年と終了年の位置を弄れば、1928年以降の好きな期間の株価の推移が見られます。
最安値よりはマシになっていますが、1935年~45年位は停滞期になっています。
日本の不況の数年後に米国も不況になったんですね。

翻って昨今の不況ですが、日本は1985年ごろからバブル経済に突入しました。
株価も上昇し、土地価格も上昇、貸し出しも増えてウハウハ状態でした。
しかし91年ごろから陰りが出始め、不況に突入しました。

国債を大量発行し、量的緩和により貨幣を市場に大量供給しました
金利は0%で、世界的な好況に逆行して(日本が先なのか、世界が先なのか?)インフレ政策を取りました。
これに目をつけた海外投資家が所謂円キャリートレードを行い、世界中に貨幣をばら撒きました。

大金余り時代などと言われ、超高流動性に託けて投資銀行や商業銀行は、低所得者層や新興国に大量の資金を持ち込み、世界は好況を誇っていました。
その後、土地価格等のバブルが崩壊、現在に至るわけです。

結局、歴史を振り返れば、日本の不況、更にその前の好況が現在に影響しているわけですね。
歴史は積木ですから、すべての事柄は後々に影響するわけですが、考えてみるとなぜか日本の存在と言うのが際立ちます。

これはあくまで私の主観ですが、このような大事でなくても日経平均が大幅下落するの後、往々にして世界の株価がやはり大幅に下落するように思います。
大概数日後に来る為、グラフで見ると分かり難いので資料はないのですが、そんな気がします。
不思議なものですが。

日経平均も上値が重くなっており、PERも上昇中、騰落レシオも危険水域ですから、そろそろキツイ下落があると思います。
その後ダウがどう出るか、注目したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天子のネタキャラ覚醒

この前、サークル「Happy Birthday」の新刊を買ったのですが、面白いですな。
天子と霊夢の掛け合いなのですが、天子の天然っぷりが冴えてます。
絵も綺麗なんですが、それ以上にネタが面白かったです。

最近、比那名居天子のネタキャラ度が全体的に上昇中に思えます。
以前は魔理沙や早苗さんがいじりいじられる事が多かったのですが、比重が移ってきた感じです。
個人的には天子のアホさが好きなので嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本株の特徴

今日の日経平均株価は下落しています。

8日の東京株式市場で日経平均株価が続落した。大引けは前日比円237円84銭(2.69%)安の8595円01銭だった。7日の米株安を受け、世界的な景気悪化に対する警戒感が再燃したほか、4月に入って堅調だった反動で利益確定の売りが広がった。
>>日経平均続落、237円安 利益確定の売り広がる

先日追記したとおり、現在日経平均のPERは鰻登り
東証一部の連結ベースPERは、昨日の段階で122倍(通常は20倍位)と異常値。
額面通りに捉えれば、株式益回りは0.82%となっており日本国債の利回りより低くなっています。

最近は円安な為決算の上ぶれ期待が有るのでしょうが、円安であるならなおの事米国債(2.9%位)などの外債を買った方が合理的でしょう。
シャープの決算を見る限り、決算に特に期待も出来ません。

日本株は、昔からバブリーになりやすく、上がる時に一気に上がり、下がる時は一気に下がるように感じます。
今回もそうなるような気がします。

mixi:投機について テクニカル編

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

2,3日ブログの更新をしないかもしれません。
悪しからず。

課題終わらん・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月の成績

今月もダメですなorz
送金の為に米ドルと睨みあっていたら、AIGが爆騰。
為替は円高時に送れたんですが、たった数%の為に150%位逃しました。
動く時は動かんとダメということですか( ´Д`) <はぁー

為替調整なし

3月のリターン為替調整なし

為替調整有り

3月のリターン為替調整有り

新興国の株が多いので4月に期待。

追記:日経平均株価の平均PER

日経225PER0404

GCオプティキャスト - コード0168

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iphoneのゲーム機化はまだ遠いのでは?

iPhoneがDSやPSPのライバルとなるのではないかという記事がロイターに掲載されています。

携帯電話端末「iPhone(アイフォーン)」が、ゲームのプラットフォームとして台頭しつつある。かねて唱えられてきた携帯電話とゲームの融合を実現し、人気機種「ニンテンドーDS」など携帯ゲーム機の競合相手として見られるようになってきた
>>ゲーム機として台頭するiPhone、DSやPSPのライバルに

う~ん、将来的には兎も角、iPhoneがゲーム機化するのはもう少し後だと思います。
と言うのも、iPhoneは携帯電話としても結構バグが多いからです。

これもすべてOSの問題なのですが、パソコン並みの反応速度を期待すると、バグって暫くフリーズしてしまいます。
また、通話を終了した直後に画面が出なくなったり、突然曲が流れ出したり、曲の再生をすると一曲目が送られたりとエラーが多いです。

更に赤外線がないため、携帯電話としては意外に不便です。
新入社員同士でアドレスを交換する場合、私だけ手打ちな為時間がかかります。
サイレントモードでの目覚ましが使えないなど、日本の携帯としては不出来です。

私にとっては他の機能が、これらより魅力的なため問題ではないのですが、そう思わない人にとっては「2台目」の携帯でしかないでしょう。

理経済:携帯電話のスイッチングコスト

「ゲームのプラットフォームとして台頭しつつある」と言うより、そもそも携帯電話と見られなくなってきてるのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車産業と銀行

米国政府のGMに対する態度は、断固たるもののようです。

米政府は6月1日に期限を迎える自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)の転換社債10億ドルの償還を肩代わりしない方針をGMに伝えた
>>GM:政府が6月1日償還肩代わり拒否、再建猶予延長絶望か

GMはいよいよ後がないことが確定的になりました。
先日首になったワゴナー氏と違い、ヘンダーソンCEOは政府が公認しているようなものですから、彼の元では十分破綻しうるでしょう。
と言うか、うるさい労組を黙らせる為に一端破綻させた方が手間要らずですから、多分プリ・パッケージ型事業再生を行うでしょう。

仮に破綻した場合、GMに対して影響力を持つのは大債権者である米政府ですから、公認されているヘンダーソンCEOは首になりません。
GMが潰れると首になるワゴナー氏と違って、ヘンダーソン氏は潰れても首にはなりませんから、手間を考えれば破綻させる方が彼にとっては合理的でしょう。

破綻した場合の問題は二つ。
一つは、仮に破綻した場合、su-Zさんが疑問に思っている通り、GMをどのように解体し再建するかと言うことです。
様々なブランドを内包するGMの内、採算性が取れないものを誰に押し付けるのか、また誰に売れば自分達の首を絞めないかはかなりの難題です。

世界四季報:GMブランドの行方

もう一つは、AIGを筆頭とする金融機関との兼ね合いです。
GMが借りているお金は300億$位ですが、AIGはその6倍の1700億$です。
銀行や金融機関は金を借りられるのに、なぜ自動車業界が借りられないのか、説明が必要です。
予想通り、ブルームバーグでもケチが付けられています。

Bloomberg:【コラム】米大統領は銀行に甘く自動車メーカーに厳しい-カールソン

雇用云々の問題は有りますが、仮に生き残った場合でもやっぱり首切りは避けられませんから、意外に潰れても問題は無いと思います。
今の不信感が漂っている状態よりはマシかもしれません。

GMの破綻は避けられそうにありませんが、課題は寧ろ潰れた後に有りそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初任給の差は溝の深さ

昨日、野村證券の入社式があったそうですが、破綻したリーマン・ブラザーズの内定者も野村の社員として入社したそうです。
しかし、問題はその給料です。

リーマンが2008年9月15日の破綻より前に既に内定を出していた新卒採用者も1日から「野村の新入社員」となった。野村は彼らに年収で650万円(プラス賞与)を支給する契約を結んだ。一方で、野村側が採用した大卒社員は240万円(同)で、リーマン経由の社員はこの2.7倍の水準となる。

>>野村HD:リーマン採用の新入社員、給与「2倍超」-不和克服が課題

私も昨日入社式でして、色んな説明を受けました。
その中の一つに給与明細があり、似非給与明細を貰いました。
これによると、私の初任給は手当て込みで月約20万円だそうで、野村とほぼ同じです。
一方リーマンは54万円、ボーナスを入れると1000万円程でしょうか。

しかも雇用保険などが天引きされますから、手取りは8掛けの16万と言う所ですか。
週5でアルバイトして親からの仕送りを合算すると、これよりも大きくなりますから、生活水準は就職したことによって寧ろ落ちるんですね。
湯水の如くお金を使っていた学生時代に懺悔、そして両親に感謝

さて、同期の給料でさえ気になってた私ですから、もし私が野村の新入社員だったらかなり大きなショックです。
おそらく野村の人もそうでしょう。
しかも破綻した会社からの流れ者ですから、いわば落ち武者です。

同じ新入社員の立場としては、「いずれ同じにするから」とか「いきなり結果を出すことを求められる」とか言われても、女々しいかも知れませんがやはり遠ざけてしまいます。

就活のバカヤロー」によると、今の学生は人間関係を重視するそうですから、リーマンの新入社員としても、同期から白い目で見られ続ければ居辛くなるでしょう。
結局長くは続かないと思います。

「優秀だから」と言っても、破綻した会社の視点で選んだことを考えれば、何所まで使えるのかはちょっと謎です。
長く働いてもらいたいなら、最初は思い切って一緒の給料にして、優秀だったら2,3年目以降に給料を上げた方が無難だと思います。

条件が同じならば「大変だったね」で苦労話で済みますが、今のままだと将来的に大きな溝を作ることになると思います。

優秀な人に高給を与えることに異論はありませんが、中身が分からない時は無理をしない方が、結果としてお互い幸せになれると思います。
特にお金は、一般の人が思っている以上に強い力が有りますから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第15回 日経「アジアの未来」開催

日経新聞社が主催する、国際交流会議「第15回アジアの未来」が開催されるそうです。
ホームページはまだ更新されていないですが、本日DMで届きました。
世界経営者会議でもそうですが、日経のこの手の会合は、物凄くお金を取られますが、大変勉強になります

まずゲストが豪華で、普段ならなかなか話せない人の話が直接聞け、しかも直接質問も出来ます
今回のゲストの目玉は、ベトナムのグエン首相、ラオスのブアソン首相、武藤前日銀副総裁、韓国のハン首相、そして竹中平蔵氏です。

すごいのは昼食会。
世界経営者会議の場合、立食パーティーだったのですが、私が端の方のテーブルで食べていると、どこかで見たような顔の大柄な外国人がフラフラ。

胸のバッチを見ると、赤い線と主賓の文字、そして「APPLIED materials CEO」の文字が!
ついさっきまで前で講演していた、大物経営者と同じテーブルで食事が出来ました。
よくよく見ると、手にはトランプの束みたいな名刺の山があり、インド人の学生が質問攻めにしていました(この時ほど自分の語学力が低いことに嘆いたことはありません)

いる時といない時があるらしく、また「アジアの未来」でも同じなのかは分かりませんが、十分期待できます。
直接お話したい人は行ってみるといいかもしれません。

なお、日程は5月21日(木)~22日(金)の二日間、受講料は42000円です。
開催地は書いてませんが、おそらく大同生命霞ヶ関ビル近辺と思われます。
私はお仕事の為行けません(;´д`)トホホ…

Applied Materials Inc. (AMAT)
特色:半導体製造装置シェア、世界一
連結売上高(2008/10/26)
81億USD
時価総額(2009/03/31)
143億USD
株価
10.75USD(単元株)

アプライド・マテリアルズ vs ダウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初出勤

今日は初出勤。
学生を離れて、遂に社会人になりました。
私の場合は大して緊張しませんでしたが、御蔭で会社の歴史とかのありがた~い訓示の最中に何度か意識が飛んでしまいましたsweat01

3,4ヶ月は研修との事ですが、はてさてどうなることやら。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

不注意からの就職氷河期

今日、2月の有効求人倍率が発表されました。
これによると、2月は0.59倍と03年以来の低水準だそうです。

厚生労働省が31日発表した2月の有効求人倍率(季節調整値)は0.59倍と前月を0.08ポイント下回り、2003年2月以来の低水準となった。
>>2月の求人倍率0.59倍、失業率4.4% 雇用情勢一段と厳しく

実際、かなり色々な企業が雇用数を減らしています。

酔うぞの遠めがね:新自由主義はすでに古い!

さらに悪化はかなり急激であり、就職氷河期世代ですら今の方が厳しいと述べるくらいです。

日経ネット:就職氷河期世代も「就活は今の方が大変」が3割 産能大調べ

しかし、ここまで急速に悪化するとは考えずとも、この就職氷河期は本当に予想できないものだったのでしょうか?
私にはどうも、企業側の不注意が原因に思えます。

下のグラフをご覧ください。

Photo_2

年平均の有効求人倍率(新規学卒及びパートタイムを除く)
厚生労働省統計表データベースシステムより作成。
~76年移動平均線はダミー。

これを見ると、ここ最近の有効求人倍率は比較的高い水準に有り、移動平均線からも乖離しています。

株と違うとはいえ、グラフを見れば分かるとおり、推移は移動平均線との綱引きで、平均線の上を行けば下落し、下を行けば上昇に転じます。
勘のいい人なら05年くらいには次の展開が予想できたでしょうし、07年には山が崩れかけているのが分かります。
採用氷河期とか言っていましたが、要するにここでも雇用バブルが発生していたんです。

日本の場合、新卒採用でないと就職し辛い傾向がありますから、本来採用する側の企業はもう少し慎重に採用せねば、結局技術の伝承が出来ないだとか年齢構造が歪になるだとか、歪みが出るのは分かりきっています。

90~03年の就職氷河期を経験し、05年頃にもトヨタなどの製造業がテレビで人手が足りないだとか言っていたのに、企業はまた同じミスをしています。
即ち、「景気が絶頂→調子に乗って大量採用→景気悪化→手があまる、人件費が払えない→就職氷河期とリストラの嵐が到来→景気上向く→人が足りなくなり大量採用→最初に戻る」と言う悪循環です。

mixi:学習しない企業

海外のように雇用が流動的であれば、たとえ就職氷河期世代であっても、景気がよくなれば正規の仕事に就けるという希望も有るのですが、日本のようにガチガチな雇用体系では、生まれた年で差が出てしまいます。
格差が拡大しているのは、派遣がどうとかではなく、この辺が効いていると思います。
夢がなければ内需も拡大しません。

理系済:夢を見られる社会作りを

ならばこそ、企業は注意して採用活動をせねばならないのですが、20才そこらの学生が気付くようなことを思いつかないとは、正直人材戦略を間違えているとしか思えません。
同じミスを何度もするのですから、はっきり言えば「馬鹿」です。

今回の就職氷河期の再来は、米国の住宅バブルと同じで、考えのない企業の経営陣が招いた人災だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »