« 会社は誰のもの? | トップページ | 本レビュー »

今後のブログ方針について②

前回、当ブログについて見直しを行おうと言いましたので、それについての続編です。

理系済:今後のブログ方針について

何をどうするのかは手探りなので、初心に返って教科書的な経営分析です。

まずは経営資源
一般に言われる経営資源は「ヒト・モノ・カネ」、そして最近では「情報」を入れるのが一般的です。
私の経営資源は

  1. ヒト:私、なる+サポートをしてくださるsu-Zさん
  2. モノ:私のPC、その他資料用の本類、他には有るのかな?
  3. カネ:投資ネタが多いのでお金が多いほうがネタも増やしやすいのですが、学生なので時間はあっても金はありません。
  4. 情報:特殊な情報はありませんが、立場上の情報は有ります。ここが強みになりそうです。後は考え方を売ると言うことですか。

改めてみると、当たり前ですがヒト・モノ・カネはあまり必要がないんですね。
となると差別化が出来るのは情報しかないです。
ブログやホームページは、経営資源の「情報」を具現化したものなんですね。

逆に、マークされていないヒト・モノ・カネを上手くブログに取り込めれば、新たな付加価値が生めるようです。
どなたかいいアイデアはありませんかね?

次に「5つの力(Five Forces Model)」です。
「力」とは以下の5つです。

  • 新規参入の脅威→新参者が台頭するプレッシャー
  • ライバルとの競合関係→古参者からのプレッシャー
  • 代替品の脅威→ブログ以外の情報(読物とは限りません)
  • 売り手の交渉力→情報源や経営資源からのプレッシャー
  • 買い手の交渉力→読み手からのプレッシャー

新規参入はいっぱいいますし、一人で複数のブログを管理する人もいっぱいいます。
私も新参者の一人です。
ブログ作成にヒト・モノ・カネはあまり必要がないため、参入障壁が低く、入りやすく出やすい、入れ替えの激しい市場と言うことになります。

ライバルとの競合関係はかなり強いものと思われます。
入りやすく出やすい市場の中で生き抜いたと言うことは、それだけ洗練されており、アクセス数も多いということになります。

人間の時間は24時間ですから、この成長がほぼ見込めないパイを、取り合わねばならないわけです(この理屈だと人口増加率が高い方がネット市場やアフィリエイトにとっても有利と言うことになります)

長くなったので続く・・・

理経済:今後の方針について③

追伸:
明らかに経済よりなので当ブログの題名と副題をちょっとだけ変えました
副題はまた少し変わるかもしれません。

|

« 会社は誰のもの? | トップページ | 本レビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>当ブログの題名と副題をちょっとだけ変えました。
タイトルは凄く悩みますよね。

僕も「世界四季報」開設前に「海外四季報」と悩みましたねー。「海外」って日本から見たというイメージだったので「世界」をしました。

同じ理屈で「海外脱出計画」と「日本脱出計画」も悩みました。後者の場合、逃げるイメージがあったので前者を選択しました。

投稿: su-Z | 2009年3月 1日 (日) 13時53分

変えた後に思ったのですが、
これだと数理経済とかのワードで迷い込んでくる人がいそうです。
PV稼げるんでいいんですが、なんだかな~

投稿: なる | 2009年3月 2日 (月) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/44192018

この記事へのトラックバック一覧です: 今後のブログ方針について②:

« 会社は誰のもの? | トップページ | 本レビュー »