« GEの受難 | トップページ | ブログ地獄と言うものがあるそうです »

金の価格が心配

以前、金の価格が再び上向きそうだと書きましたが、あれからとんとん拍子で上昇し、1000$を越え、今日にも最高値に到達しそうです。

理系済:金と白金

ニューヨーク 金 当限

これはNYSEの金、月足のチャートです。
最高値から大幅に下落した後、底を打って再び最高値を目指す展開なわけです。

しかし、このチャート、どこかで見たような形ですね?
さて何所でしょうか?
答えは色々有りますが、代表的なものは以下のものでしょう。

ダウ30種工業平均株価

これはダウ工業平均株価の長期軸です。
若干こじ付けくさいかもしれませんが、経済と理学がイコールでないのはこの辺が大きいと思います。
即ち、同じパターンのグラフがが同じ数式で書けるとは限らないと言うことです。

さてどの辺りが似ているかと言うと、

  • ある時点で急激に売買高(下の棒グラフ)が増加し、それと共に株価が急騰。
  • 最高値を更新し続けた後、急落。その後反転し最高値を更新。

原油の時もそうでしたが、上がっている時は新聞などで多数報道があるため、気分が乗ってきます。
そのため皆で買い上げ、それが更なる祭りへと発展していきます
そして冷めるのは一瞬で、一気に崩れ落ちます

格言「天井三日、底百日」と言うように、金の低迷はちょっと短すぎる気がします。
ダウ平均のようになるならば、金も1200$位までいく事になりますが、何れにせよ今の金価格はそう長く続かないように思えます。

証券会社や金属会社が勧誘してくるかもしれませんが、私なら買いません

|

« GEの受難 | トップページ | ブログ地獄と言うものがあるそうです »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/44154278

この記事へのトラックバック一覧です: 金の価格が心配:

« GEの受難 | トップページ | ブログ地獄と言うものがあるそうです »