« マルクスの「資本論」 | トップページ | 物凄い円高 »

原油が底入れしそう

このブログ内でも何度か原油について述べていますが、どうやらそろそろ原油も底入れ感が出てきました

根拠は以下の通りです。

  1. ニューヨークのWTIとイギリスの北海ブレンドの乖離が進んでいること。
    WTIは37$前後ですが、北海ブレンドは50$前後です。
    北海ブレンド
    WTI
  2. OPECの方々が負けを認めたこと
  3. WTIの下値がもたつきだした事

このような事から原油の底値はそう遠くないと思います。
かといって、いきなり飛びつくのはお薦めしませんが。

ただ、今までのように一辺倒に下がる事は無いと思います。

なお、日本の証券市場で商品を売買できるのは、
イージーETFS&PGSCI商品指数クラスA米ドル 1327

代替としては
(NEXT FUNDS)エネルギー資源上場投信 1618

が有ります。
日本では、原油は先物くらいしか売買できません。

|

« マルクスの「資本論」 | トップページ | 物凄い円高 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/43799701

この記事へのトラックバック一覧です: 原油が底入れしそう:

» 台湾での景気対策の消費券配布は、日本に入ってきている報道と異なり、実際は台湾人の批判を浴びています。 [リナ(RINA)初めてのFX投資]
リナです。 先日、台湾人のお友達と話したばかりのことなのですが、このリンクの記事の台湾の消費券、 このリンク内に、 台湾住民の評判は総じて良く、明暗を分けた形となった。消費券は馬英九政権が掲げる景気刺激策の柱。 と書いてありますが、事実は全く違....... [続きを読む]

受信: 2009年1月20日 (火) 17時17分

« マルクスの「資本論」 | トップページ | 物凄い円高 »