« 人口減少と年金 | トップページ | 日本の弱さ »

数は力

派遣村の方々が厚労省に対し、あれこれ要求しているようです。

東京・霞が関の厚生労働省の講堂は、仕事始めに当たる5日から使用できなくなるため、派遣村の実行委員会は厚労省に、5日以降の衣食住の確保など6項目にわたる要望書を提出した。
>>5日以降の衣食住を 「年越し派遣村」が厚労省に要望

色々な事で言えることですが、「数は力なり」です。

正規労働者と非正規労働者の割合をグラフ化すると、どんどん増えていることがわかります。

非正規/正規

雇用形態別雇用者数(エクセル:63KB)
労働力調査 長期時系列データ

このグラフは非正規社員÷正規社員の%表示です。
上に行くほど非正規の割合が増えていることになります。

人数が増えればそれだけ規模のメリットが出る為、バーゲニングパワーが増すことになります。
数が増えるほど、政治や物事に対して強い意見が言えるようになるんですね。
企業経営者も正社員もその辺はよく理解しておく必要があると思います。

|

« 人口減少と年金 | トップページ | 日本の弱さ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/43631006

この記事へのトラックバック一覧です: 数は力:

« 人口減少と年金 | トップページ | 日本の弱さ »