« 遂に日本でも海外株が売買できるかも! | トップページ | 携帯電話のスイッチングコスト »

フィンランドの教育問題

最近知ったのですが、世界で最も進んだ「教育先進国」フィンランドが、実は教育問題で悩んでいるそうです。

義務教育は、格差や競争はないが、高等教育は能力主義。昨年の大学学位の取得比率は、男子は1/3で、勤勉な女生徒に圧倒されている。当地の新聞は、「高校以降は、ドロップアウトする少年が多く『若い男が問題』、男性には(完全な男女平等社会のため)肩身が狭い社会かもしれない」ともあった。
>>(連続銃乱射)フィンランド学力世界一と女性の高学歴

フィンランドの職業訓練校で銃乱射、容疑者を含め11人死亡

フィンランドというと、ノキアやLinux等の世界的企業を輩出し、また教育では世界的にも優れたシステムを持っているとの評判で、教育関係の人間であれば必ず知っている国です。

フィンランド 教育 の検索結果

しかし、実態は語られている程煌びやかなものではなく、義務教育である中学校までは教育機関が懇切丁寧にサポートしてくれているそうですが、高校以上は実力主義である意味日本よりもきつい様です。

今がわかる時代がわかる世界地図 2009年版によると、「中等教育から高等教育への進学までに何年もの時間を要する生徒が多」いそうです。
高校浪人が多いということでしょうか?

また、所謂「高学歴ワーキングプア」のような現象がフィンランドでも日本同様起きているらしく、外見は良いのですが中身は結構ぼろぼろなようです。

博士課程の学生が増加している理由は、学生が増えると、業績による資金配分上、有利となることであると推測できる。しかし、教員ポストは増加していないので、博士課程の学生の就職について、日本と同様な問題がフィンランドでも起こっている。
>>フィンランドの高等教育 タンペレ大学 アレバラ氏の発表から

日本では、フィンランドの教育法を真似る事を、是とする風潮があるよう。
実際、教職系の授業では必ずフィンランドの名前が挙がります。
しかし、話はそう単純ではないようです。

2009年度版

今がわかる時代がわかる世界地図 2009年版 (SEIBIDO MOOK) (ムック)

この本のおかげで暫くネタに苦労し無そうですw

|

« 遂に日本でも海外株が売買できるかも! | トップページ | 携帯電話のスイッチングコスト »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

>>「教育先進国」フィンランドが、実は教育問題で悩んでいるそうです。
そうなんだ。教育に正解はないですからね。


>>この本のおかげで暫くネタに苦労し無そうですw
ボクも2007年版を前に買いましたよー。本紹介はメンドくさい時には下記を使うとラクですよ。

http://link.infoathletes.com/
http://zapanet.info/search/amazontag.php
http://bakufoo.jp/tools/amazontag.php
http://naoya.dyndns.org/amazlet/

投稿: su-Z | 2009年1月13日 (火) 21時20分

教育はなかなか難しい問題です。
国によって人口やお国柄、税制など、
学校運営上の環境もまちまちです。

しかも、中身もなかなか難しいですからとても大変です。

投稿: なる | 2009年1月13日 (火) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/43721935

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランドの教育問題:

« 遂に日本でも海外株が売買できるかも! | トップページ | 携帯電話のスイッチングコスト »