« コモディティを狙う人々 | トップページ | 機会費用 »

第一三共とランバクシー

今日のWBSで、日本の製薬会社、第一三共と、買収されたインドの製薬会社ランバクシー・ラボラトリーズの社長がインタビューに答えていました。

マルビンダー・モハン・シン 庄田隆

買収交渉が成立した時の写真です。
左がランバクシー社長、Malvinder Mohan Singh(マルビンダー・モハン・シン)さん、右が第一三共の庄田隆さんです。

ランバクシーはジェネリックで有名で、売上は凡そ1850億円程だそうです(su-Zさんからの情報です)
規模的には沢井製薬の3倍ほどと言うことになります。

世界四季報 - ジェネリック薬

彼らは、インタビューの中で「低価格であるジェネリックは、寧ろ不況は追い風である」と言う趣旨の発言をし、強気な姿勢をしていました。
元々薬関係はディフェンシブと言われ、不況でもそれなりに売れるため安定的に収益が出る分野ですから、強ち虚勢とは言えません。

インドは不況不況と言いつつも相変わらず成長しており、かつ日本のように国民全体に十分な薬が出回っていません。
HIVやマラリアなど、感染症も結構あるようです。

確かに、第一三共は結構評価損を積んでいるようですが、成長産業である彼らを取り込むのはやはり良策だと思います。

RANBAXY LABORATORIES LTD
特色:インド製薬最大手

RANBAXY LABORATORIES LTD

しかし、以前庄田社長のお話を聞いたことが有るのですが、その時はやる気が無さそうで、とてもそんな戦略を考えているようには思えなかったのですが、やってくれますな。
いい意味で裏切られました。

|

« コモディティを狙う人々 | トップページ | 機会費用 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

■第一三共社長 庄田隆「新興国市場を狙えるランバクシー買収に5000億円は高くない!」
http://diamond.jp/series/newsmaker/10001/?page=2
>ランバクシーの昨年(2007年)の売上高は約1850億円。

最近なるさんのエントリーを読むのが小さな幸せの1つです(笑)

投稿: su-Z | 2009年1月17日 (土) 04時43分

そう言ってもらえるとあり難いです。
もうちょっと絞った方がいろんな人が来てくれるんですかね。

投稿: なる | 2009年1月17日 (土) 23時00分

どうぞー!

■アクセス数を増やすコツ
http://it.bakufoo.jp/20090110_518

音楽、芸能ネタブログなどに比べてしまうのは酷ですが、ビジネス系はアクセス数が伸びないのでこんなものですよ。

■Yahoo!ログール PVランキング
http://logoole.yahoo.co.jp/stream/page_views

トップ100の中にビジネスブログは1桁ですよ。なので情報ストレスの捌け口として利用するのがベストかと。

投稿: su-Z | 2009年1月18日 (日) 01時19分

そうですね。
ニコニコとかでも政治物は伸び悩みますし。
おいおいということですかね。

しかし、せめて「50人の壁」は抜けたいものです。

投稿: なる | 2009年1月18日 (日) 22時55分

僕の場合は、SEOをバッチリ決めて下記の2つを意識した投稿数ですね。

1.テレビなどから得た時事ネタで即時性アクセス数獲得
2.データの一覧表で参照リンク

あとは一般人でも理解しやすいように画像や専門用語などを意識したりだとか。

僕もまだまだなんですけどね。

投稿: スージー | 2009年1月19日 (月) 00時08分

■社会実情データ図録
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/index.html

参考までに。

投稿: su-Z | 2009年1月19日 (月) 03時07分

一時的なのかもしれませんが理経済のページランクが0に戻ってしまいました。

投稿: su-Z | 2009年1月19日 (月) 06時23分

う~ん、ぜんぜんダメですな。
SEO対策しないとだめですかね。

投稿: なる | 2009年1月19日 (月) 11時07分

>SEO対策しないとだめですかね。
気になったオは強調と被リンクですかね。

◎強調タグ(Bマークのやつ)
この「第一三共とランバクシー」の場合ならば、記事中の[第一三共][ランバクシー]に強調させるといいですね。

あとは画像内のalt="第一三共&ランバクシー"となっているところを"第一三強 ランバクシー"という感じに半角スペースにするといいかもしれません。

◎被リンク
世界四季報からの固定リンクは卒業するまで待ったほうがいいですよね。

ブログの仕組み自体がSEOに適していますので、あまり気にしなくても大丈夫だと思います。

(参考)ランク5以上のブログの傾向
■多更新頻度型(Gigazine、アドマン)
■被リンク型(芸能人など)

まぁゆっくりやりましょー(* ̄0 ̄)ノ

投稿: su-Z | 2009年1月20日 (火) 06時20分

強調はどの程度使っていいのかよくわからないもので
(;;;´Д`)ゝ

あまり使いすぎるとレイアウトが変になりそうで、
使う時は悩みます。

投稿: なる | 2009年1月20日 (火) 16時19分

>強調はどの程度使っていいのかよくわからないもので
あまり使いすぎるとよくないそうです。この記事の中でキーワードはコレですよってGoogleボットに教える感じです。

このエントリーの場合ならば最初の1文だけでも大丈夫だと思います。
--------------------------
今日のWBSで、日本の製薬会社、[第一三共]と、買収されたインドの製薬会社[ランバクシー・ラボラトリーズ]の社長がインタビューに答えていました。
--------------------------

Googleボットは「形態素解析」を使って単語を抜き出して、その単語に点数を与えて、どの単語が重要なのかを判断しています。


今回の場合なら[第一三共][ランバクシー]なので

■タイトル
■画像
■強調

これだけでSEO対策になっているはずです。

【参考】
■各種チートシートまとめ→SEO Cheat Sheet
http://d.hatena.ne.jp/goinger/20090120/1232423745
■「SEO」はてブ検索
http://b.hatena.ne.jp/search?q=SEO

投稿: su-Z | 2009年1月21日 (水) 00時32分

本文を少し弄ってみました。
こんな感じでどうでしょう?

投稿: なる | 2009年1月21日 (水) 19時48分

のみこみが早いですねー。そうそうこんな感じですhappy02


あとはPDCAのCですね。

エントリーしてからGoogleに反映されるまで時間を置いて、「第一三共 ランバクシー」でGoogle検索してみて何番目に来ているのか確認しています。今回は既にGoogleクローラーが巡回してきてしまったので結果に当分繁栄されませんが次回試してみてください。


参考までに下記で検索してみてください。
・長者番付
・ユニクロック
・GDP 予測

被リンクがなく時間が経過すると段々検索順位が落ちていくので、あまり気にはしていないのですが、四季報内で内部リンクなどを施して上位維持のためにチョコチョコやったりしています。

大体、ボクのSEO対策はこんなものです。

投稿: su-Z | 2009年1月22日 (木) 01時08分

内部リンクがよく貼られているのはそのためなんですね。
ここ最近若干ネタ切れ風味なので更新頻度が落ちるかもsweat02

投稿: なる | 2009年1月23日 (金) 03時01分

たしかに毎日更新するのはエネルギー使いますから息抜き程度に週に1回ぐらいが良いと思いますよ。

投稿: su-Z | 2009年1月23日 (金) 09時11分

取り合えず更新頻度が若干落ちると思います。
最近リアルが忙しいので(笑)

投稿: なる | 2009年1月24日 (土) 02時23分

卒論かな。了解です。リアル生活を最重視で(^_^;)

投稿: スージー | 2009年1月26日 (月) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/43753594

この記事へのトラックバック一覧です: 第一三共とランバクシー:

« コモディティを狙う人々 | トップページ | 機会費用 »