« 企業の金融能力 | トップページ | 保護主義拡大か? »

議員の個性は必要

件の渡辺喜美氏が地方の自民党員に吊るされているようです。

地方県連の代表からは野党提出の衆院解散要求決議案に賛成した渡辺喜美元行政改革担当相の処分に関し「軽すぎる」との批判が相次いだ。
>>渡辺氏の処分「軽すぎる」 自民全国幹事長会議で批判相次ぐ

今は与党とか野党とか言っている場合ではないのですが・・・

各国が様々な対策を矢継ぎ早に出して、実行に移しているのに、日本は相変わらず定額給付金が有るのか無いのかすらよく分かりません。

ドイツの追加景気刺激策、250億ユーロ規模の公算

指導者に力が無いならば、新たな指導者を出そうとする動きがあっても不思議ではないのですが、今の議員は気が弱いんですかね。
歴史を見ても、国の盛衰は指導者の力量と民衆の力のバランスだと思うのですが。

また、渡辺議員の「造反」を受けて、地元県連の幹事長は以下のようにコメントしています。

渡辺氏の地元、栃木県連の梶克之幹事長は「申し訳ありません。県連はしっかりしているから心配ありません」と首相に謝った。
>>>>渡辺氏の処分「軽すぎる」 自民全国幹事長会議で批判相次ぐ

ホンマかいな。
栃木県の人に聞いてみたいです。

自分の意見を言っただけで問題になるのなら、議員に個性なんているのでしょうか?
というか、そもそも人である必要が有るのでしょうか?
選挙区制度止めて、全部比例にしてしまえばいいんじゃないでしょうか?
首脳部だけですべてが決まるなら、議員の給料分税金の無駄です。

議員さんにはもっと自己主張してもらいたいと思います。
民主主義ですから、違った意見が出るのは当然だと思います。

|

« 企業の金融能力 | トップページ | 保護主義拡大か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/43550746

この記事へのトラックバック一覧です: 議員の個性は必要:

« 企業の金融能力 | トップページ | 保護主義拡大か? »