« 正社員と非正規社員 | トップページ | 議員の個性は必要 »

企業の金融能力

トヨタ自動車が3年ぶりに財務部を復活させ、資金繰り等のファイナンスに力を込めるそうです。

トヨタ自動車は26日、来年1月1日付で財務部を設置すると発表した。経理部内にある「資金室」などを分離し、独立した部とする。
>>トヨタ、財務部を3年ぶり復活 円高・株安への対応を強化

今までなかったんだ・・・
まずそこにちょっと驚きです。

別に独立する必要はないと思いますが、あれほどの巨大グローバル企業なのですから、それこそ証券会社や銀行からヘッドハンティングして為替や株、社債などを専業的に管理する人がいても可笑しくないように思えます。

記事によると、財務部は2006年に統合、消滅したようです。

2006年と言えば、ミタルがアルセロールを買収した年であり、世界の新興国企業がニューヨークで上場→先進国企業を買収が盛んに行われた年であり、ウォール街が世界を席巻していた年です。
日本で言えば、1987年から88年頃のまさに金融全盛期です。

トヨタの株価も7000円を越えようかと言う水準であり、信用倍率も高まっており、新株発行にはもってこいの年でした。

そんな時期に財務部が消滅とは、ちょっとピントがずれている気もします。

逆にデリバティブで損しなかったという意見もあるでしょうが、この辺はスタンスの問題なので、財務部が有ろうが無かろうが損する人は損します。

この時の社長は渡辺捷昭(05年就任)であり、プリウスの失敗や07年度決算発表での言い訳など、私はあまり好きではありませんでした(だからといって奥田氏もあまり好きではありませんが)

私の目には、彼が「やちゃった(=´Д`=)ゞ」ように映ります。

Wikipedia Affiliate Button
こっそりオーエン

|

« 正社員と非正規社員 | トップページ | 議員の個性は必要 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/43543555

この記事へのトラックバック一覧です: 企業の金融能力:

« 正社員と非正規社員 | トップページ | 議員の個性は必要 »