« 国民の反対は当然 | トップページ | 企業の金融能力 »

正社員と非正規社員

いすゞ自動車が正社員の賃金を下げるそうです。

いすゞ自動車は販売不振を受け、国内に約8000人いる全社員を対象に、賃金を一時カットする方針を固めた。
>>いすゞ、全社員の賃金カット

一方でいすゞは非正規社員の解雇を撤回しています。

いすゞ自動車は24日、同社栃木工場などの期間従業員の契約途中での解雇方針を撤回し、期間満了まで雇用を継続することを決めた。
>>いすゞ、期間従業員の途中解雇を撤回 550人が対象

結局、まとめると正規と非正規の賃金、待遇格差を少しながら是正したということになります。

現在は正規と非正規で待遇に大きな格差が有りますから、正社員になれればいいですが、そこから落ちれば後は世間の冷たい風が待っています。
まず賃金に大きな差が出ます

賃金格差

平成19年賃金構造基本統計調査(全国)結果の概況 (厚生労働省)
(5) 雇用形態別の賃金

賃金低くて首がすぐ飛び、 そのくせ仕事量は正社員と同じではやる気もなくなるでしょうし、文句も言いたくなります。

ライフスタイルがどうのとか言う人もいます。
確かによく「753」と言われますが、それが同一の仕事に対する賃金格差の理由にはならないと思います。

せめて同じ仕事には同じだけの賃金が払われて然るべきだと思います。

いすゞ自動車の行動は英断だと思います。
今後もこのような企業が出てきてほしいと思います。

余談ですが、753問題が本当に事実なのかはを見る限り、あまり信憑性が無いように思えます。

平成20年上半期雇用動向調査結果の概況 (厚生労働省)
結果の概要

|

« 国民の反対は当然 | トップページ | 企業の金融能力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/43531887

この記事へのトラックバック一覧です: 正社員と非正規社員:

« 国民の反対は当然 | トップページ | 企業の金融能力 »