« 景気底入れの足音 | トップページ | 資源の行方と日本 »

GM破綻前夜

GMとクライスラーが「事前合意での破綻」を考えているそうです。

米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)と同3位クライスラーの首脳は、米政府の救済を得る最後の手段として、事前合意(プリ・パッケージ)の破産法の適用申請を検討している。
>>GMとクライスラーが政府救済得るため「事前合意の破産法」検討

プリ・パッケージ型事業再生とは

主要な債権者から再建計画の同意を得ていて、なおかつスポンサー候補が既に決まっている状態での「法的再生手続きの申し立て」のこと。
>>プリパッケージ型事業再生

だそうです。
一種の棒引きのようなものなのでしょう。
そもそも民事再生法自体、適用されると、債権者は分割払いや債務の一部免除を余儀なくされるそうです。
GMらの棒引き提案に銀行達も従わざるを得ない状態だと言うことなのでしょう。
一時破綻は止むを得ないところまで来てしまったということですね。

私は依然述べた通り、これを切欠に残りの自動車会社に支援が行われると思います。

|

« 景気底入れの足音 | トップページ | 資源の行方と日本 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/43323876

この記事へのトラックバック一覧です: GM破綻前夜:

« 景気底入れの足音 | トップページ | 資源の行方と日本 »