« うp主の情報源 格付け会社編 | トップページ | 格付けが甘くなる理由 »

ビッグ3の救済は止むを得ないらしい

ビッグ3の救済は止むを得ない、との日系企業社長のコンセンサスが出ました。

米政府による自動車大手への融資については「今はやむを得ない」が8割だった。
>>米自動車救済、「やむを得ない」が8割 社長100人アンケート

前のエントリーで「止むを得ない雰囲気を醸し出してから、救済措置を取る」と書きました。
下地は揃ったようです。

予想に反してどこも潰れないさそうなので、嬉しいんだか残念なんだか分かりませんが、取り合えず救済する大義名分が出来たようです。

しかし、救済するのは良いとして、その資金はどうするのでしょう?
金融安定化用資金から出すようですが、既に7000億ドルの半分を使ってしまったのに、市場の先行きはまだ真っ暗です。
この調子で、本当に金融市場が安定化するまでもつのでしょうか?

また、環境対策用の資金から出すと言う話もありますが、家計簿の名目が変わっただけで、同じ財布から資金が出るわけで、国債の乱発は避けられません

ジム・ロジャーズは米ドルに対してかなり悲観的な意見を述べていますが、強ち嘘ではないと思います。

|

« うp主の情報源 格付け会社編 | トップページ | 格付けが甘くなる理由 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/43499826

この記事へのトラックバック一覧です: ビッグ3の救済は止むを得ないらしい:

« うp主の情報源 格付け会社編 | トップページ | 格付けが甘くなる理由 »