« 流れが変わった? | トップページ | まあ、そうなりますよね »

やはり資源は割高だった

BHPビリトン、リオ・ティント買収を断念

英・豪系資源大手BHPビリトン(BHP.AX: 株価, 企業情報, レポート)は25日、同業リオ・ティント(RIO.AX: 株価, 企業情報, レポート)に対する買収提案を撤回すると発表した。
>>ロイター

やはりこうなりましたか。

皆が注目してくれている時に、調子に乗って大出費すると碌な事にならないということですね。
当初は1400億ドルと言う巨額でしたが、リオ・ティントの時価総額は今や320億ドルに急落しています。

買収にあたってもちゃんと時期を考えないといけないと言うことですね。

世界四季報:M&Aランキング

RIO TINTO PLC ADS(RTP)
特色:世界的な資源メジャー
連結売上高(2007年度)
297億USD
時価総額(2008/11/26)
330億USD
株価
101USD

リオ・ティント 株価

|

« 流れが変わった? | トップページ | まあ、そうなりますよね »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

買収断念したんですか。日本の鉄鋼メーカーにとっては朗報かな。

>世界四季報:M&Aランキング
「マンネスマン」でGoogle検索したら最上位でしたね。薄っすらと覚えているぐらいだったので新鮮でした(笑)

投稿: su-Z | 2008年11月26日 (水) 02時50分

いっそ、日本の鉄鋼会社が共同買収すればいいんじゃないかと思います。

日本の企業は手元資金が多いですから。
それにPBRもほぼ1倍ですし。

投稿: なる | 2008年11月26日 (水) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528305/43227390

この記事へのトラックバック一覧です: やはり資源は割高だった:

« 流れが変わった? | トップページ | まあ、そうなりますよね »