銀行外しが着々と進む① - 債権補償の充実化

その昔、本ブログにて信用創造についての記事を書きました。
そこでの主張としては、経済危機時において「銀行を救う必要はない」と言う事でした。

理経済:何故銀行を救うのか?④ - 銀行なんて放っておけ

最近の新サービスを見ていると、これを後押しする様なものがしばしば見られる様になりました。

企業格付け会社のリスクモンスターは取引先企業が倒産した際の焦げ付きを補償するサービスを29日に始める。月1万円の利用料で、倒産企業の格付けに応じて最大500万円を支払う。格付け会社による同様のサービスは珍しいという。3年以内に1千社の利用を目指す。
>>リスクモンスター、取引先の倒産時の焦げ付き補償

債権保全サービス「Secured Monster」のスキーム

リスクモンスター:Secured Monster

格付会社以外では時々ありますが、裏で格付もセットで行ってくれるのは良いですね。
A格から遠いほど補償額が小さくなる為、補償金の期待値はコントロールされている様ですが、使い方次第でメリットがありそうです。
個々の会社同士の掛けや手形決済が増えそうです。

さて、こういったサービスが流行ってくると困るのが銀行です。
彼らは貸付により信用創造を行っているわけで、経済的に重要な位置にある事から守られています。

しかし、個々の企業間で掛取引等が活発化し、さらに電子化が進んで、特定の場所で差額決済をされ出したら、銀行の地位は相対的に低下します
直にどうにかなるというわけではないでしょうが、影響力の低下は避けられないでしょう。
経済危機の際に救済もされる確率も低下します。

電子化によるコストカットも手伝って、リスクモンスターの様な補償する側は薄利多売でもやっていける様になりますし、今後の新規参入も多くなるでしょう。
銀行への逆風は早々収まりそうにありません。

尤も、このサービスにしても、補償を行う会社の後ろには保険会社や銀行が付いているはずです。

昨今では低金利化のあおりで貸出等の間接金融からの利益が減ってしまい、格付の低い社債や証券化商品がかなり売れています。
保険や信金はもとより、当の銀行までも債券等直接金融に傾倒しています。

見方にもよりますが、自分で自分の首を絞めている様に思います。
低金利が続く限りこの構造は変わらないでしょう。

続く…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲酒は程ほどに - アルコールに適量なし

海外ではアルコールには「適量がある」という考え方について、疑問符が付いている様です。

英当局は今年1月、適量のアルコール摂取は心臓に良い可能性があるとしてきた20年来の指針をトーンダウンさせた。健康面への利点は従来考えられていたものより少なく、むしろ特定のがんの発症リスクを高めるとする新たなガイドラインを発表した。英政府の主席医務官サリー・デイビス氏はテレビのインタビューで、「飲酒に安全な量というものはない」と述べた。
>>アルコールに「適量」なし-崩れる健康神話

主要国が推奨する飲酒量(青:男性、紫:女性)
主要国が推奨する1日の飲酒量(青:男性、紫:女性)
1杯=アルコール14g相当

日本の場合は、厚生労働省から1日平均純アルコールで20g以内が推奨されています。
具体的な例で言うとこちら↓の様になります。

アルコール20gの目安量

医療法人社団 こころとからだの元気プラザ:肝臓をいたわるお酒の飲み方
厚生労働省:健康日本21(アルコール)

WSJの図と照らし合わせると、グラス1.4杯分に相当しますから、イタリアと同じ位です。
飲まなければ繰り越せるみたいなので、飲み会の前は控えた方が健康に良いかもしれませんね。

実際の所、あれだけ脳や体に影響があるものですから、そこまで良いものでは無い様に思います。
100%害になるとは思いませんが、少ない位が調度良いのではないでしょうか

なお、世界のアルコール消費量は人口の増加に伴い増加しそうです。

成人1人あたりのアルコール消費量の推計

WHO:Global status report on alcohol and health 2014 PDF

成人一人当たりの消費量は横ばいですが、人口が増えているので全体としては増加しています。
アジアで増えそうなのだとか。

いくら健康に悪いと言っても、そうそう止められない様です。
酒造メーカーにはそこまで逆風ではなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シティバンク・シンガポールの値上げ

皆様お久しぶりです。
体が溶けそうな気温の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
さて、今日のネタは情報共有です。

先日連絡が来て驚いたのですが、シティ・シンガポールのネットバンク口座(IPB)の料金が改定されるそうです。
2017年3月31日から残高10万ドル以下の口座に対し、$50の口座管理維持費を取るとのこと。

こちら↓が原文の抜粋。

To ensure that our clients continue to enjoy the benefits of a Citi relationship, we will be revising our monthly account service fee structure next year. This revised monthly account service fee of US$50 will only be charged for accounts with a Total Relationship Balance falling below US$100,000 from March 31, 2017.

日本では馴染みが無いのですが、海外では口座を持つ人に対し維持費を取るのが普通です。
ただし口座維持費が免除される口座残高が決まっており、それ以上の残高があればお金はかかりません。
日本のシティでもありましたね。

私が作った当時は5千ドルだったのですが、いつの頃から1万ドルになり、今度は10万ドルに・・・。
ハードル高くなりすぎでは?
なお、ネットの場合は上記の通りですが、通常の口座はもっとハードルが上がるようです。

Photo

シティバンクインターナショナル・パーソナル・バンク シンガポール

マネロン対策のため、最近ではネットでの口座開設を断っているそうで、小口顧客の締め出しが続いているという印象です。

Blog of FireFOX:Citibank Singapore IPB口座開設

以前は英語、中国語のみの対応でしたが、いつの頃からか日本語に対応するようになりましたし、担当が日本の方だったのでとても有難く重宝していたのですが、維持は難しいかも知れませんね。

資金のお引越しは面倒な上に慎重にやらねばならず、大変なので出来れば避けたいところなのですが、仕方なさそうです(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宅配ロボの力やいかに - 宅配ピザのコスト構造

昨今、ドローンによる荷物の配達が計画されていますが、それとは別に、ピザを宅配するためのロボが開発されたそうです。

米宅配ピザチェーン大手ドミノ・ピザのオーストラリア系列店は19日までに、温かい料理や冷たい飲み物を運ぶ自動運転の配達用ロボットを開発し、今月初めに最初の運用実験を実施したと発表した。
>>ピザ宅配のロボット開発、世界初を誇示 ドミノの豪州系列店

ピザ宅配ロボット

これは日本でも早く導入されて欲しいですね。
日本の宅配ピザ単価は世界一なので、特に劇的な効果がありそうです。

自分で作ったり、冷凍ピザを買ってきてもいいのですが、宅配ピザは実際美味しいので、世界一高いとわかっていても、時々食べてしまいます。
そんな自分としては、早く実用化して欲しいものです。

店と配送先がそれなりに近くないと無理だとは思いますが、それでも都心とかだとそれなりに意味があるのではないでしょうか。

宅配ピザ価格の国際比較

GiGazine日本のピザはどれだけ高いのか?世界のピザ価格調査

宅配ピザのコスト構造を考えると、大きいのは配送費です。
今回ロボを開発したドミノピザですが、広告を見ると持ち帰りに限り、1枚買うともう1枚無料と謳っています。

なぜそんな事が可能なのかと言うと、ピザの原価より宅配のスタッフを雇う方が高いから
持ち帰りで済ませられるのなら、1枚おまけしてもおつりが来るのです。

宅配ピザのコスト構造

GLOBIS:攻めるワンコインピザ、宅配ピザは生き残れるのか
livedoorNEWS:宅配ピザ 原価率が低いも値段を高くせざるを得ない理由とは

特に、お客が宅配ピザを頼むシチュエーションとして、台風の時とかクリスマスとか、バイトが嫌がったり集まり難かったりする時が屡あるので、時給も実質的なおまけが必要になります。

そう考えると、宅配ロボは配送費をカットできる、正確に配送できる、文句を言わない、費用も一定等のメリットがあります。
支払とかの問題で限界もあるのでしょうが、このロボットの価値は意外と高そうです。

宅配ピザに限らず、自販機へのジュース配送とか、他にも配送がコスト増になっている分野もあるでしょうから、そこでも使えそうです。
地味ながら案外いいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

皆様こんにちは、こんばんは。
ブログ「理経済」の中の人のなるです。
いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

諸事情により1,2週間、ブログの更新頻度が下がると思います。
問題が解決したらまた普通に戻ると思いますので、今後とも理経済をよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«エイリアン絡みの機密情報が解禁